*

SUNWAYFOTO FB-44 自由雲台を買ってみたけど

公開日: : 最終更新日:2015/05/23 DSLR

GW中にGoogle playで映画が一本無料!ただし特別なアドレスからリンクで飛ばないとダメみたいなので、見たいひとは検索で探して下さい。私は「エクソダス神と王」を見ています。途中で休憩で終わってません(笑)

人生は意外に短いので悩んでいても始まらない!ということで早速買って実験してみました。きっと誰かの役に立つんじゃないかと思い報告します。とか言って自分が欲しかっただけなんですけどね。

P1090186

連休なのにアマゾン暇なのか? 即効で届いたのは SUNWAYFOTO FB-44 自由雲台 スクリューノブ・クランプ アルカスイス互換 FB-44です。検討過程は「VARAVONスライダー用の自由雲台を検討する」で。

P1090187

仕様は全開検討した通り。計算上は理想的なものです。とは言え想像で計算したので、本当に正しいのかどうかは不明。問題は固定力。この部分は規格になっていないので試してみる他ありません。

P1090188

クランプにノブとレバーが付いたタイプがあり、値段も変わりません。両方あるほうが使いやすいのは経験済みなので、普通はそっちだと思います。しかし今回はあえてノブだけのやつを選択。理由は「軽い」という1点のみ。

P1090189

パンが独立して動かせる雲台なので、三脚と雲台だけの場合は、一応パンはできるかなって。もちろんハンドルがないので操作にはコツが必要だけど。

早速開封。さすがは高級品だけあり、厳重にスポンジで保護されています。六角レンチとマニュアルと、なぜかレンズを拭くような布が1枚。どこ拭くんだろ?

P1090190

取り出してみると、やはり重い。ズッシリしています。そして思ったより本体の固定ノブが大きい。

P1090192

当然ですが傷もなくとっても綺麗な状態です。ノブには小さなネジみたいな部分があります。これは緩めた時にボールの動きがスカスカにならないため? うまく説明できませんが、そんな機能がついています。

P1090193

裏側には大きいネジ穴。もちろん1/4に変換するネジも付属しています。

P1090196

見た感じはとってもカッコいい。SIRUIみたいに変なカーブや色を付けず、シンプルなところは個人的に大好きです。一番下の段々になっているところも、できればスッキリさせて欲しかった。ただしJISマークみたいのが^^;

P1090195

気になる太さは一番太い部分が55mm。本体部分はもうちょっと細いようです。ボールが大きいので、このサイズになってしまうのは仕方ないのでしょう。

P1090198

手持ちの自由雲台を並べてサイズ感を見てみましょう。一番大きいのがベルボンのPH-173。水色のポイントがはいっているのは SIRUIのG-20X。一番小さい真っ赤なにくい奴がKTS PRO 40です。

P1090197

こうしてみると、予想通り G-20Xよりは大きくてPH-173よりは小さいという計算通りのサイズ。その割に低重心な設計になっていることがわかります。

P1090199

太さに関しても同様ですが、ボール径が大きい割に太さが抑えられていることもわかります。なかなかいい感じ。

P1090202

ベルボンの三脚 Neo Carmagne 645 に装着すると、やや小さめに見えるバランス。持ち運ぶにはいいかもしれません。

P1090201

試しに GITZO 1542Tに装着。思ったほど太くないので、なんとか許容範囲にも見えるような足が細すぎるような微妙なバランス。脚径は26〜28mmがベストな感じです。28mm径で1.3kgのSIRUI T-2204Xが欲しくなるなぁ〜一番伸ばして1,430mmってのが残念だけど。

P1090205

さて本題。VARAVON Lite 600のせて重いPH-173とGH3を載せて試してみました。するときっちり閉めればギリギリ安定。なんとかこれで使えそうです。試しに手で重量を足すと、やはり動いてしまいますけど、普通にスライドするには問題無さそう。怖いけど。やはりPH-173ほどの固定力はありませんね。サイズを考えれば当然ですが。

一旦これで完成。この状態なら三脚と自由雲台だけで撮影。そして雲台にスライダーを載せてビデオ雲台のせて撮影の2パターンでいけそう。理想の街歩き型です。少し使ってみてセンターポールが90度横にできる三脚なども考えてみます。

明日は作業場を片付けて撮影スペースを作る予定なので更新は無さそう。


Sponsored Link


 
 

関連記事

Wide Open Camera Lens Gear というメリケンなセクシーガール

B&HでCavision 4 x 4" Circular Polarizer Filterを購入する

記事を読む

簡易型レンズフードの工作会議

ショルダーリグを試しながら一番の悩みがレンズフードでした。今回 SmallRig も発注したことだし

記事を読む

肩の上にオーム(GH3)を載せるにはイクラ必要なのか?

リグ関係を購入してみて、やはり自分の知識の無さを実感しています。色々勉強しなくちゃね!とネットを徘徊

記事を読む

Manfrotto スライディングプレートアダプター 577と中華コピー品

3RD EYE STUDiOSさんの記事で紹介されていた、GH4 Optimal Film Sett

記事を読む

感想!SmallRig DSLR Cage Kit 1538 & NATO Handle 1516

引き続きお送りしてきた SmallRig製品情報。今後の発展にむけて、全体像を確認しながら色々妄想し

記事を読む

Comment


  1. スヌーピー より:

    ほほう、コレが自由雲台沼ですか! 恐ろしやw

    垂直スライダーは重力がもろに掛かる為
    なかなか手動ではスムーズに動きません
    稼働パーツに紐を付けて滑車の要領でスライダーの裏に重りを付けると滑らか
    もしくはモータードライブorクランクでベルトをキコキコ
    いずれにせよ重くなるので練習あるのみでしょうか?

  2. スヌーピー より:

    ウチでテストした時は太い水糸とオモリだけでやりました
    縦スライダーは近距離の被写体をじっくりと
    標準〜中望遠のレンズで滑らせていくと上手くいくけど
    例えばフェンスの向こうに公園があって子供が遊んでいるという描写は
    ミニジブの方が自由度が高くてラクだと思いますがね
    今だと一本棒の先にミニBGでも可能か

    GITZOの三脚は頑丈ですねw
    https://youtu.be/kINKv3pRM7E

    • admin より:

      載ってるおばさんたち凄いですね。衣装も(笑)

      色々スライダー試してみますが、やっぱり自由雲台に載せるのは無理がありそうです。ある程度めどがたったら記事にします。せっかく買った自由雲台が無駄になりそう(T_T)

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

【開封】SmallRig Drop-In Baseplate (Manfrotto 501PL QR Plate Compatible) 2006

引き続き SmallRig Universal Shoulder Pa

【開封】SmallRig Universal Shoulder Pad 2057

最初にお断りしておきますが、いわゆる「単なる開封」記事です。予めご了承

【雑談】URSA mini の設定確認とか安物時計を貰った話

寒くなってきましたがスッキリ晴れ渡る日曜日。久しぶりに予定もなくノビノ

URSA mini & Filmconvert アップデート祭り

いつものように雑談更新。今更お断りすることも無いとは思いますが、今回も

SONY α6300 24p 30p 60p 120pで画質比較

世間では黒金とか言うケシカラン状況になっています。 浮かれポンチ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑