*

今頃 SONY α6300にタイムラプスアプリケーションを購入

公開日: : DSLR ,

急に思い出して SONY a6300でのタイムラプス(低速度撮影・微速度撮影)の話題です。JJCのリモコンなんぞを持っていたりするのですが死蔵品になっていたりして^^; なぜか寒くなるとタイムラプスしたくなる病気。

今回はα6300にアプリを導入して遊んでみることにしました。

SONYのPlayMemories Camera Apps プレイメモリーズサイトがMacでうまく使えないので、カメラを直接 WiFi接続してインストールしてみました。この辺を参考に。

https://www.sony.jp/support/software/playmemories-camera-apps/ready/wi-fi.html

あらかじめウォレットにチャージ(入金)しておいたほうが良さそうなので、この作業はPCで設定完了。しかしSONYさん、入金は最低1000円単位のようです。

タイムラプスアプリが、この辺の小細工なのかどうか? 価格が 1028円という微妙な設定。そのため入金は2,000円となり、購入後 972円は死蔵となってしまいます。

514円設定のアプリもいくつかあるので、良さそうなのを選んで購入するか、そのまま放置するか…どちらにしても「なんだかなぁ」といった感じ。

ライトトレイルというアプリが514円でおもしろそうなのですが、対応カメラが ILCE-5100 ILCE-7Sだけ? なんかやる気が無さそうな雰囲気ですね。

何かオススメアプリがあれば教えてください。

ともかくあとはカメラ側で作業して、特に問題なくインストール完了しました。

アプリケーションの紹介
https://www.playmemoriescameraapps.com/portal/usbdetail.php?eid=IS9104-NPIA09014_00-000003

一定のインターバル間隔で撮影した静止画を連続して再生し動画のように見せるタイムラプス動画を撮影するアプリケーション。これまでタイムラプス撮影に必要だった難しい設定をしなくても、テーマを選択するだけでテーマにあった設定で撮影することができます。
テーマは「雲」「星空」「夜景」「夕暮れ」「夜明け」「ミニチュア」「スタンダード」「カスタム」の8種類から選択可能です。また、動画だけでなく一連の静止画としての保存も可能です。

タイムラプス 主な仕様
https://www.playmemoriescameraapps.com/portal/usbspec.php?eid=IS9104-NPIA09014_00-000003

取扱説明書
https://www.playmemoriescameraapps.com/portal/manual/IS9104-NPIA09014_00-000003/ja/index.html
 
 
確認しておくべき点は最大連続撮影枚数が990となっているところ。

30pで動画を作成する場合、990/30=33秒と計算になる(と思う^^;)。60pの場合は半分の16秒前後。24pなら41.25秒となります。ワンカット33秒制限と覚えておく必要がありそうです。

とはいえワタシ的にはせいぜい5秒程度だと思っているので、撮影枚数は 5X30=150枚、余裕を見て200枚を基準に考えています。

5秒間隔で撮影すると200枚で1000秒。60秒で割ると16.66…なので大体ワンカット20分程度の見積もり。もちろん夜とか夕暮れとかシーンによってこの辺は変動するはずです。しかしその間は暇(笑)

また、使えるフォーカスモードは「シングルAF、DMF、マニュアルフォーカス」のみ。普通はMFだと思うけどAF-Cが使えないということも頭に入れておかないとね。

他には顔検出とか被写体追尾や手ブレ補正などにも非対応等、特に問題にはならないと思いますが、やはり色々制限はあるので気をつけておく必要があります。

とりあえず私の想定している使用方法では、特に問題になる制限は無さそうで安心しました。
 
 
確認したかったのがサイレント撮影時のシャッター速度。

たぶんサイレント撮影=電子シャッターだと思うので、シャッター回数が多くなりがちなタイムラプス撮影時は可能な限り電子シャッターで使いたいという貧乏性な私。

しかしGH4は最長1秒制限があったような気がするので 果たしてSONYさんはどうなのか?

実際にマニュアルモードでタイムラプスアプリを起動して設定してみると…30秒??? まで設定可能。試しに撮影感覚を35病にして実験してみると、どうやら撮影可能みたい。

露出 30/1 というのが30秒ですよね? ^^; 画質の低下等、マイナスポイントは良くわかりませんが、たぶんISOを上げるよりはいいんじゃないかと思います。これは暗い場所での撮影に助かります。ナイス!
 
 

そして記録方式が選択できるところも確認してみます。仕様書を見ると

動画: 1920×1080、1280×720
動画: AVI (Motion JPEG)

となっています。

タイムラプスアプリの専用メニュー(普通にアプリを立ち上げた状態でMENUボタンで表示)のアプリケーション設定を押すと、記録方式として3つの選択肢があります。

アイコンを見た感じでは 動画・静止画・動画+静止画という選択のようです。

動画で収録してしまうと解像度は1920×1080か1280×720です。静止画であれば 静止画: L、M、S、VGAなので最大Lで 6000*4000となり、パンや拡大縮小などの自由度が上がります。

静止画: RAW(*1)、JPEGであることも合わせて考えれば、静止画一択だと思います。ただし編集時の手間が少々増えますが。
 
 
本来であれば、ここで作例なんぞを掲載するのが普通だと思います。

しかし田舎には動く物体が無い(笑) 延々と風にそよぐ畑を撮影しても面白くないし、そもそもこの時期は草も生えていないという状況。

雲の動きでも撮影しようかと思ったら、どうやら既に冬の天気で毎日どんより曇り空。しかたないのでクリスマスだけに、夫婦の営みでもタイムラプス撮影してみようかと思いましたが、ワンカット20分ももたなかったので撮影失敗となりました(笑)

メリークリスマス !!
 
  


Sponsored Link


 
 

関連記事

DaVinci Resolve に Neat Video V4 Demo を入れてみる【Windows 10】

そういえば当初の目的であったIR pollution ですが、なんか??? 直射日光とかじゃないと出

記事を読む

はじめてのVマウントバッテリー

Blackmagic URSA mini ちゃんのお出ましにより、とうとうVマウントバッテリーに手を

記事を読む

タイムラプス用カメラ設定のまとめ(GH3編)

国会ではウチワだとかヤジだとかで盛り上がっているようです。税金を使って自分たちの不祥事を話し合うとい

記事を読む

DaVinci Resolve 14 のフェイス修正を少し試してみた

Davinci Resolve がベータを外したバージョン14を公開しました。それに合わせて Bla

記事を読む

タイムラプスで実験。シャッター速度による変化

テストする機会がなかった夜のタイムラプス。やっとチャンスが来たので、まずは実験撮影してみました。今回

記事を読む

Comment


  1. スヌーピー より:

    最新機種を見るとアプリは廃止の方向っぽいですね
    ソニーらしいというか、APS-Cだけ残すのかな?

    • admin より:

      α7R IIIを確認したら対応していないんですね。
      思ったほど盛り上がらないんでしょうか? 期待できそうもないですね。
      10bit化もなかったみだいたし、高いカメラなのに残念です。買えないけど(笑)

  2. スヌーピー より:

    XAVC(業務機)とXAVC-S(民生機)なんで10bitとかあるのかな?
    パナのVLOG(バリカム)とVLOG-Lも別物な気がしてなりません

    • admin より:

      HDMIで10nit出してくれるとイザというときいいんですけどねー

      現状では動画野郎的には6300で特に不満は感じません。ただしA7S3とか出てAFが6300以上だとかなり欲しいかもしれません。

  3. スヌーピー より:

    像面位相差センサーってある程度画素数が大きくないと
    欠けた画素補完できない気がするのでA7Sはどうだろ?

    以前も書いたけどCANONがEF-Mマウント使った
    ちびシネマシリーズ出せばかなり売れると思うのw
    ボディーはREDみたいな直方体

    • admin より:

      んー CANONは色々いいんですけどワタシ的には諦めモードで情報もスルー状態です。もうSONYでいいかなーという感じです。でも「ちびシネマシリーズ」が出たら買います(笑)たぶん^^;

      BMDがMicro URSA 4.6Kを出してくれないもんかと…

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

簡単にSONYカメラとURSA mini 4.6Kの色を合わせる LUTS

少し色々試してみて、とっても気に入ったので改めてご紹介してみます。

MOZA AirCrossのPIDを調整してみる美少女

最初に MOZA AirCrossをPCに繋いで調整する手順を簡単に紹

JJC 液晶シェード(液晶フード) SONY α6000 α6300 α6500 用を試す!

おじさんが液晶フードを試してみたけど...というお話をしまーす!

MOZA AirCross 3軸手持ちジンバルを買ってみた【動画編】

Amazon様で「4,990円OFFのクーポンが適用されています」とい

無料の動画素材サイトをメモ

自分用の動画素材サイトをメモ。 ライセンス等は当然ですが自己責任。良

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑