*

Davinci Resolveが快適に動くかもしれないPCを組む

公開日: : 最終更新日:2019/01/15 Windows

最初にお断りしておきますが、PC自作は初心者です。というよりほぼ初めての経験。トラブっても対応する自信はまったくありません。でも、以外に簡単に見えたので挑戦してみることにしました。コストパフォーマンスは高そうなので。

まずは集めたパーツを一応ご紹介。

Intel CPU Core i7-7700K 4.2GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80677I77700K 【BOX】

ここはケチっても仕方ないところ? エンコードのスピードに違いが出るということらしいので奮発してみました。38,200円。
 
 

GIGABYTE Intel H270チップセット搭載マザーボード:GA-H270-HD3

正直なにが違うのか良くわかりません。CPUに対応しているATXで新しめ&値段(予算)でギガバイト指定。インテルLAN付き。高いのは何がいいのか? 全然わかりません。ところがコレが後で結構苦労させられることになるのですが…. 12,535円。

ちなみに内部というか微妙に光ります。流行りのLEDでハデハデまではいかないけど。

組み立ててみて正直何が違うというか問題というか? 何もわかりません。普通に使えてワタシ的には不満はありません。メモリースロットがもうちょっと多ければいいかな?
 
 

 
 
Cooler Master Hyper TX3 EVO サイドフローCPUクーラー Intel/AMD両対応 日本正規代理店品 RR-TX3E-28PK-J1

CPUクーラーも値段で選びました(笑) サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark IIとかが人気だったけど、ちょうど在庫がない表示だったのでこれにしてみました。何が違うのか良くわかっていません。

LGA1151対応って書かれていないけど 1150とか対応であれば大丈夫みたいなので。一応グリスも付属らしいレビュー。 2,894円。

取り付けは簡単? 足の部分を4個ネジ止めしてマザーボードの穴に押し込むだけ。いろいろなチップセットに対応しているために、多くの部品が入っていて難しそうに見えます。しかしほとんど使わないで完了。

イマイチきちんと取り付けられているのか、よくわかりませんが….グリスをどのぐらい塗るのが適正なんだろ? とか思いながら結構たっぷり塗ってみました。たれてくるんじゃないかと少し心配。
 
 

TEAM DDR4 PC4-19200 DDR4 2400MHzシリーズ Ecoパッケージ (8GBx2枚(16GBkit))

メモリーも予定していたCORSAIRが在庫なし。仕方がないので DDR4 2400MHzで安めなやつを探して選択。最近は相性問題とか減ってきているらしいのでレビューを見ながらこれにしてみました。14,780円。

特にこれは問題なさそうでした。普通に使えているようです。良かった。
 
 

【2年保証】東芝 TOSHIBA 16GB USBフラッシュメモリ Windows/Mac対応 [並行輸入品]

一応作業用ということでUSBメモリーも仕入れ。これは色々ゴニョゴニョする用です。700園ぐらいだったのでデータ移動用も兼ねて。

 
 
以上が今回の購入品です。しめて6.8万円程度。

手持ちのPCケースの古いやつを再利用する、手持ちの128GB SSDを一応使って最低限セットとして組み上げてみました。

特に問題もなくすんなり起動。電源スイッチとか HDD LEDあたりのピンの接続先が、少し面倒というかマニュアル確認しないとですが、おもったより簡単でした。

オンボードグラフィックスでも結構早い! Davinci Resolve 14 も無事に起動しました。問題なさそうです。

試しにゴニョゴニョ Macも起動しました(笑)規約違反なのでご注意を。

いい感じなのでBluetoothとビデオカード(思い切って1070にするつもり)。大型SSDを搭載。問題なければメモリー増設などと進む予定です。

【追記】

Bluetoothアダプターについて

Windowsはともかく Hackintoshで使えるかどうか? かなり色々情報が出回っていますが、どうもハードルは高そうな雰囲気です。

そんななかで発見したのが激安アダプター(300円程度)

Shop-Riez Bluetooth USB Version 4.0 ドングル USBアダプタ Windows10/Windows8/Windows7/Vistaに対応(Macに非対応)

思いっきり「Macに非対応」と書かれていますが動きました(笑) 特に何もせず指しただけで普通にブルートゥースが使えるようになりました。もちろん Windows 10でも問題無し!

ただし Hackintoshnバージョン等でうまくいかないケースもあるかと思いますので参考程度に考えてください。

ちなみに Hight Sierraです。

tonymacx86のお手軽 UniBeast & MultiBeastです。

以上 参考までに!
 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

【雑談】Mavicキラー誕生 !? WALKERA VITUS とか CFast to eSATA breakout Data Cable とか

https://www.youtube.com/watch?v=wyYOAW3k2Ao    

記事を読む

URSA mini 4.6K で実優ちゃんを撮影してみた感想

ほぼ一日、Blackmagic URSA mini 4.6Kを「はじめて」実践投入しての感想です。ま

記事を読む

Native Instruments KOMPLETE 11 アップグレードしてみた

昨晩は雪が少しだけ降りました。朝起きたら一面真っ白だった(そうです)。どおりで寒いわけだ。 い

記事を読む

新しい動画編集用PCの購入パーツ色々とHDDスピードテスト

色々アドバイスをいただき、よくわからないまま選んだのが GIGABYTE ビデオカード NVIDIA

記事を読む

Davinci Resolveを快適に動かす Windows PCを考える

Davinci Resolveを快適に動かす Windows PCを考える! とは言っても Wind

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

激安中華な Bluetooth 5.0 イヤホンを買ってみたけど便利ね

前から気になっていた Bluetooth 5.0 イヤホン。 耳

2018年に購入したもので最も良かったものはミニスライダー

あけまして おめでとうございます 2019年 第一発目にご紹介す

Final Cut Pro X 用の無料 Calloutsプラグイン13種&12種がいい感じ

すっかり Final Cut ネタが続きますが皆様いかがお過ごしでしょ

Final Cut Pro X用 無料のオススメプラグイン = SliceX Free を試してみた

Final Cut Pro Xを使っていて一番不満なのがトラッキング関

WIGGLE TEXT – ブルブル震える文字をファイナルカットで作る

みんな大好きブルブル振動。 そこで今回はファイナルカットで出来る

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑