*

GITZO GT1542T と KTS PRO-40 が揃ってる

公開日: : 最終更新日:2015/01/14 DSLR

th_P1000606.jpg
ついに揃えてしまった!GITZO トラベラー三脚 GT1542TとKTS PRO-40 雲台。
 


先日、韓国に来てSLIKのスプリント PRO II 3WAYを購入したばかり。軽くて使いやすくて良かったのだが雲台がダメダメで、急遽、日本からKTS PRO-40 を送ってもらった。この組み合わせも、なかなか使いやすいのだが、どうも雲台が大きすぎる感じで「愛せない」でいた。
th_P1000371.jpg
こんな写真をとりに行った時に、風で揺れることも。
「安いからしょうがないよなぁ」
とか言い聞かせていた。
なにげに韓国のホームページを眺めて(読めないので)いると GITZO の三脚が560,000ウォンと書いてあるのが目についた。なんとなく56万円の感じがして、やっぱり高いなぁ~とか、のんきなことを考えていた。
「そういえば、今日、円を交換したけど…5万円が70万ウォンぐらいあったような….」
GITZOって5万しないのか????と気づき、計算してみると55万ウォンは4万円弱。価格コムで調べると、この三脚は6万以上が最安値。もしかしたら激安??調べてみると、カメラ用品は韓国で買うほうが日本より安い。韓国メーカーの製品なら半額近いイメージだ。
「むふふふ」
と不気味な笑いを浮かべ、三脚探しの旅が始まるのだった。
条件は
1) 持ち運び優先で軽いこと。具体的には1キロ前後。最大1.2キロ以下。
2) できるだけしっかりしていること。重さと強度の戦いだ。
3) 身長181cmなので、センターポールを伸ばさなくても高さのあるもの。
以上を中心に、候補はジッツオとSIRUI(SIRUI)に絞られた。
A ジッツオ トラベラー三脚 1型4段GT1542T(脚径24mm)重さ1kg 40,000円程度
 センターポール格納時の高さが116.5cmと低い点がネック。値段はシルイの倍。カッコイイ感じ。
B シルイ(SIRUI) T-1205X 重さ0.8kg 20,000円弱
 最大脚経が25mmで一番細い脚も13mmとGITZOより太い。高さはジッツオより若干低いが軽さはこちらが上。デザインはシンプルで地味だが精度は高いように見える。
C シルイ(SIRUI) T-2205X 重さ1.1kg 22,000円程度
 最大脚経が28mmとワンランク上のクラス。デザインは1205と同じ。中国製品だが韓国では一番人気らしい。
候補を3点に絞って、南大門(ナンデムン)のカメラ店街に突撃!店員に話しかけられても、
「日本人です」
と答えて一切無視。店員も日本語はダメみたいで、諦めて無視してくれるので、勝手に三脚を引き出して足を伸ばして確認してみる。
シルイはかなりのお店で置いてあるのだが、ジッツオは、あまり展示していない。1542Tが展示してある店で、足を伸ばして、両手で日本の足を持って左右に軽く捻って、よれ具合をテスト。やっぱりジッツオがしっかりしている感じだ。数店で値段交渉。もちろん日本語と英語とちょっとの韓国語で(笑)65万ウォンから55万ウォンまで。55万ウォンの店で、在庫を確認すると、スグに倉庫から出してきて見せてくれた。やはりシルイよりしっかりしている感じだ。
T-2205Xも軽さの違いは実感できないレベルだし、センターポールを伸ばさなくても、若干高い(6cmほど)ようだし、さすがにクラスが上なのでしっかり感もある。
「迷ったら高い方」
用意してあった現金を渡して、領収書を苦労して貰ってもらった。黙っているとレシートも領収も出そうとしないけど、初期不良とか対応してくれるのだろうか?さすがは韓国。微妙な対応だ。帰宅して箱から出して動かし回して、ナデナデして写真撮影してみた。
th_P1000605.jpg
やっぱり、金属のボツボツ感がレトロで渋い。
th_P1000607.jpg
水が溜まっていてサビがでているような跡が….外国産ならでは!
th_P1000612.jpg
脚が細くて頼りないけど、見かけよりしっかりしている感じは受ける。
th_P1000608.jpg
KTSの雲台ともピッタリ♪赤いのが微妙な気もするけど気にしない。KTS PRO-40の直径が45mmで余裕あり。 重さが250gだから合計1.3kg程度。さすがにSLIKよりは重さを感じる。
th_P1000615.jpg
ここの形が軽量化と強度のせめぎあいみたいで好き。
th_P1000616.jpg
ネジのカバーが付いている。太いネジが出てきたので雲台も太いほうで接続した。雲台を載せるところの直径はだいたい49mmぐらい。デザイン的に45~46ぐらいがベストに見える。
箱には保証書や説明書(各国言語併記)グリス?やレンチなどが入っているがバック・ベルト類は別売みたい。簡単な袋みたいのは入ってる。
かっこいいけど、足の部分がウレタングリップ等でカバーされていないので、傷とか付きそうで怖い。
結局、高さが問題だけど、実はこの製品。収納時はセンターポールを最大に上げた状態で収納するのが標準。つまりセンターポール最大で使用すれば手間はないって訳だ。強度が心配だけど、そこそこ安定している感じだし。少なくともSLIKよりはしっかりしているし。すべて伸ばした状態で身長181cの俺で丁度アイレベルか数センチ高いって感じ。
雲台の値段を見てしまったので、ちょっと怖い。


Sponsored Link


 
 

関連記事

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど内容がわからないものなどをメモ

記事を読む

SmallRigのショルダーパッドが届いたので色々検討してみる

チラ見せしましたショルダーパッド(Shoulder Pad 1483)が届きました。といっても、これ

記事を読む

Colorgradingcentral LUT Utility を試すが Macにインストール出来ない!(解決済み)

結局α6300は GH4に負けているところは殆ど無い訳です。つまり買えってことかと思うのですが、気に

記事を読む

NEX-5NのAVCDH 60pをFinal Cutで読み込むために

Media Converter という無料のソフトを使ってみたが Mac用のソフトは有料の物が

記事を読む

New-View Pro Fader ND vs Polaroid Variable ND Filter

前回に続き、今回は動画でテスト。比較のためにポラロイドの HD Multi-Coated Varia

記事を読む

思わずポチってしまいそうな旅用スライダー中華激安品

山形産米の新品種「山形112号」が美味しいと。地方が生き残るには「お米」は有望ですよね。というわけで

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討(最終)

欲しかった Kontakt 5 - Native Instrument

可変NDフィルターの色かぶりを調整する【追試あり】

しかしセキが止まりませんな。既に二ヶ月近くゴホゴホ。鼻水ずるずる。熱は

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討(動画編)

前回の「SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討」に引き

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討

最近はa6300を使う機会が増えています。そうなると6500が気になり

【妄想】片手持ちハンドヘルド 3軸ジンバルスタビライザーの比較

未だに風邪が抜けません。もう一ヶ月以上...どうやら今年の風邪は長引く

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑