*

DaVinci Resolve に Neat Video V4 Demo を入れてみる【Windows 10】

公開日: : 最終更新日:2017/04/11 URSA mini

そういえば当初の目的であったIR pollution ですが、なんか??? 直射日光とかじゃないと出ませんか? 今回のテストでは黒色の変化が全然きになりませんでした。

実験やり直しということにしてコレは無視して、最近すっかりご無沙汰していたノイズ除去プラグインを久々に使ってみることにしました。しかしOFX版は未購入なのでデモ版を試用するという内容です。

そしてDaVinci Resolve STUDIO の純正ノイズ除去と比較してみようという企画なんですが…..^^;
 
 
Neat Video v4 Demo plug-in for OFX hosts
Version 4.5
https://www.neatvideo.com/download

ちなみに Windows 10 です。

ダウンロードすると実行ファイル exe なので、そのまま実行ダブルクリック。

インストール終了前に以下の表示が目に入りました。これは昔みたような記憶があるので今回はスルーしておきます。

4. GETTING STARTED
To learn how to use Neat Video please see the video tutorials in:
https://www.neatvideo.com/support/how-to-use

インストール事態は何事もなく完了。DaVinciを立ち上げてみます。そして色編集画面で OpenFXを確認。無事にインストールされているようです。

新しくノードを追加してNeat videoをドロップすると設定画面に Prepare Noize profile ボタンが登場。

クリックすると見慣れた画面が出てきました。デモ版だけど(笑)


 
久しぶりに見たら画面構成が結構変化しちゃってますね。でもノイズ具合とか画面下のカラー別が見やすい感じ。

とりあえず超簡単AUTOで実行。

しかしなんかアラートが登場。データがでかすぎるのか?

よく見るとデモ版の制限事項みたいです。30分まで、1280*720ピクセル? デモという表示が出る。

プレビュー画面でデモ版の枠は出るけど効果は全然効いていない感じです。1280*720じゃないとダメってことなのか、1280*720の部分だけに効果がかかるという意味なのか? よく分かりません^^;

仕方がないのでDaVinci純正で実験。

DaVinci純正のノイズ除去は以下の動画が参考になります。バージョン古いけど。

今回の設定値は動画を見習って次の通り。

ノイズ処理前

処理後

思ったよりいい感じじゃないでしょうか?解像感も劣化していないように見えます。

全体的にはNeatVideoのほうが融通がきいて追い込み可能という印象ですが。やっぱりNeatと比較したい! 買うか!? しかし Windows10を使ってみてMacに戻りたい感満載なので決断できない。FCPXが動きも軽快だし細かい所で使いやすいしプラグイン類も多い。

ただしiMacは今年後半にモデルチェンジ? Macbook Proを15万円かけて修理するか? それなら整備品のほうが…. iPad pro 買ってデジタル絵コンテやりたいし…. そう言えばURSAでLibec RS250はイマイチな感じだったのでFSB8欲しい。 いや最近買いすぎで家庭崩壊(以下略)

これから暖かくなるので々夜景などを撮影して実験してみてからNeatVideoの購入を考えることにします。

しかし ISO1600で撮影したデータを明るく持ち上げても、結構キツイ状態ってのは変わりませんね。

やはり撮影時にできるだけ明るめに撮るのが基本ということですね。
 
 
ヴック ノート
http://vook.vc/
クリエイターが現場で直面したノウハウが詰まった、制作ノート共有サービスです。
 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

【雑談】Mavicキラー誕生 !? WALKERA VITUS とか CFast to eSATA breakout Data Cable とか

https://www.youtube.com/watch?v=wyYOAW3k2Ao    

記事を読む

Native Instruments KOMPLETE 11 アップグレードしてみた

昨晩は雪が少しだけ降りました。朝起きたら一面真っ白だった(そうです)。どおりで寒いわけだ。 い

記事を読む

Davinci Resolveが快適に動くかもしれないPCを組む

最初にお断りしておきますが、PC自作は初心者です。というよりほぼ初めての経験。トラブっても対応する自

記事を読む

URSA mini を RONIN-Mに載せたらサポートベスト!

いつもの通り ebayをフラフラしていて発見したのは SMALLRIG Ronin-M用16mm 延

記事を読む

DaVinci Resolve 14 のフェイス修正を少し試してみた

Davinci Resolve がベータを外したバージョン14を公開しました。それに合わせて Bla

記事を読む

Comment


  1. スヌーピー より:

    ノイズリダクションといえばRED GIANTのDeniserが3になってようやくFCPXに対応
    OFX版はなし、後発だから効率はいいかも
    http://www.flashbackj.com/red_giant/magic_bullet_denoiser/

  2. admin より:

    記事に最後にも追記したけど、けまさんのツイッターで教えてもらった(ような記憶) ヴック ノート ってサイトは面白いですね。

    http://vook.vc/

  3. スヌーピー より:

    単に赤外線のチェックならテレビのリモコンを写せば一発
    他の機種と映り具合を比べれば分かるのでは?

    • admin より:

      IR Pollution というのを知らなかったので色々実際に経験してみたいと思ったのですが現象が出ません(T_T)
      天気も悪くて…..この辺は、まだ桜も咲いていません。今週末あたりかなぁ~

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

録音ミニスタジオ完成の図と12色のリモコンLED電球

構想10年・制作3日の自宅音声収録スタジオの完成です。 ご覧の通

録音(撮影)ミニスタジオの制作DIY

そんな訳で吸音スポンジを壁に取り付けてみた続きです。 調子に乗っ

YAMAHA MG10UXミキサー到着

2018年 物置(事務所or作業場or遊び部屋)の一角を音声収録&撮影

そしてzbrush coreをインストールしてみる話

Blenderに挫折してから一気に3Dにのめり込んでいます。 ま

録音環境を改善する!吸音パネルをDIYとか

久々に更新! すっかり更新グセが抜けてしまい、イマイチやる気が出

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑