*

URSA mini 4.6K 設定画面を探索

公開日: : URSA mini

日曜日にURSAのテスト撮影をしてくる予ことになりました。

一応男女の俳優さんを使っての室内撮影(まだ寒いから)です。簡単なストーリーもあるんですよ(笑)

いい感じで撮影できたら、別記事で紹介しようと思っています。

先に言っておきますが エロ系じゃありませんから。期待しないでくださいね。
 
 
テストを前にカメラ設定の確認というか再設定を行いましたので自分用メモ代わりの記事です。

まずは一応初期化しておきます。結構時間がかかるのね。
 
 
【RECORDメニュー画面1】

本体側面のMENUボタンを押すと収録フォーマット関係の設定画面が出ます。

今回というか基本的には ProRes422 Ultra HDで行ってみようと思います。流石にRAW収録はCfastカードだけだとキツイ気がするので。

ただし画素数を上げても、大幅な容量アップにはならないようなので、もしかしたら4.6Kで撮影しておくことも状況によっては考えるつもり。
 
 
【RECORDメニュー画面2】

ダイナミックレンジ:Film
Window Sencer : OFF
フレームレート:24fps
OFF SPEED RECPRDONG : OFF

その他画面通り。RECORD ON 2 CARD というのはRAW収録時に2枚のカードを同時に使用して転送容量を稼ぐ設定のようです。
 
 
【RECORDメニュー画面3】

タイムラプス:OFF
シャープネス:OFF
STOP REC IF CARD DROP FRAME : OFF

シャープは編集過程でかけるということでオフにしておきます。簡単にGH4やA6300と比較すると、やはり解像度というかクッキリ感が低い感じはしました。しかし公式マニュアルでは後処理前提の場合はOFF推奨となるので素直な私は従いました。
 
 
【MONITORメニュー画面1】

LUT:OFF
ゼブラ:ON
フォーカスアシスト:ON

この辺は個人的な好みなので。

しかしゼブラやフォーカスアシストの細かい設定が別画面なんですね。この辺がわかりにくい感じがします。実際に使ってみないとよく分かりませんけど。

ここでURSA mini の最大の難所? 画面上部のALLを押すことでゼブラ等の細かい設定画面が出てきます。

とりあえずゼブラは95%に設定して、これ以上明るくすると飛ぶよ! という仕様で研究したいと思います。もちろん人物撮影時はフォールスカラーで顔の露出も確認しながら。

非常にわかりにくいのがこの部分。
 
 
【MONITORメニュー画面2】

ここは省略。
 
 
【AUDIOメニュー画面1】

音声関係の設定です。マイク1本の場合は Channel 1 に挿して 画面右下の Use Ch 1にすればいいのかな?
 
 
【AUDIOメニュー画面2】

ここで入力ゲインの設定(本体横に別途調整ノブ有り)、ファントムパワーの設定などができます。

ここでMICのLOWとHIGHが選べます。騒々しい環境でゲインを下げ気味の場合はLOWが役立つと公式マニュアルには記載されていました。
 
 
【SETUPメニュー画面】

その他セットアップ画面は適当に調整というかフリッカーの周波数を関東なので50Hzにした程度で後は標準状態。

そして発見したのがコレ。ファンクションボタンへの割当設定画面。

あらためてよく見ると、どうやら初期状態で F1にはフォールスカラーが設定されていました。F1ボタンが画面裏なので押すのが面倒ではありますが、それでも設定できることを確認して一安心。

ちなみに F2にはディスプレイLUTが割り当てられています。

その他、プレイバック時をシングルクリップに変更した程度。
 
 
【PRESETSメニュー画面】

【LUTSメニュー画面】


 
 
以上簡単に初期状態から変更した部分の確認でした。ここまで読む人が、はたして何人いるのでしょうか?

既にバリバリ URSAを使いこなしている「あなた」。

もっとこうした方がいいよ的な部分があればコメントください。よろしくお願いいたします。
 
 
 
Komputerbay Professional 3400x CFast 2.0カード 128GB (最大読込 525MB/s、最大書込 475MB/s)[国内正規品] 制限付無期限保証

これって3400xと3600xが微妙な値段の違いで存在します。見たところ読み込み(Read)速度が違うだけみたいなので、少し安い3400xを追加購入して現状は2枚体制です。容量的に厳しいので、バックアップ用PCを一緒に持ってテスト撮影という情けない状況です。

しかし ProRes 422収録であれば128GBで30分程度なので、2枚で1時間収録。実際に、そこまで長時間収録することは、あまり無いので大丈夫ですが、やはり外付けSSDも検討するつもりです。
 
 

SSDなら1.7万円で500GBクラスも購入可能。 ebayあたりで売り切れだった数千円のケーブルが買えるようになってきています。この辺はまたの機会に。

とはいえ、しばらくは忙しくて時間が取れそうもありませんけど。
 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

【雑談】URSA mini の設定確認とか安物時計を貰った話

寒くなってきましたがスッキリ晴れ渡る日曜日。久しぶりに予定もなくノビノビ(グダグダ)しているのでブロ

記事を読む

Native Instruments KOMPLETE 11 アップグレードしてみた

昨晩は雪が少しだけ降りました。朝起きたら一面真っ白だった(そうです)。どおりで寒いわけだ。 い

記事を読む

URSA mini 設定カスタマイズ:フォールスカラーのボタン割り当て不可?

今日は晴れかと思ってテスト撮影の予定だったのですが、起きたらなんと雪が舞っているという。おまけに北風

記事を読む

Komputerbay Professional 3400x CFast 2.0カードとTranscend カードリーダー

春らしい季節のようで、毎日風が強くてビビリます。都会は開花宣言のようですが、私の住む田舎は4月中旬に

記事を読む

URSA mini, DavinciResolve & FinalCutProX 年末アップデート祭り

いよいよ来週から本格的な雪の時期になりそうな気配です。 世間ではクリスマスだイルミネーションだ

記事を読む

Comment


  1. スヌーピー より:

    ついに劇団ジョージ(情事)を旗揚げしたのですか?
    頑張ってダヴィンチをマスターしてください

    • admin より:

      どうしてもシモネタ系になりますね(笑)
      ダビンチ難しいですわ~ ちょっと何かやろうとすると、すぐに訳わからん状態に陥ります。頑張って修行します♪

      しかし 機材だけで結構な量になって…使いそうもないもの処分しないとダメですね~ しかしいざ、そう考えるとコレといって…

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

DJI Osmo Mobile 2 を少し使ってみた感想など

BlackMagicDesign URSA mini 4.

DJI Osmo Mobile 2 の少しディープなレビュー

DJI Osmo Mobile 2 を選んだのは「アクティブトラック」

スマホ用ジンバル比較=DJI OSMO mobile2 vs ZHIYUN Smooth 4 vs MOZA mini-mi

さて! 聞いて気になる見て欲しくなる。うれし恥ずかしスマホ用ジンバルの

【実験】Neewer 37mmクリップオンND 2-400 NDフィルタークリップ付きの性能を確認

前回の記事「FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

俄然! iPhoneの有効活用が気になり始めました。 前回プレビ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑