*

マニュアル「PID auto-tuning」を少し解読して新発見!

公開日: : Brushless Gimbal

面白いブログを見つけてコメントを書いてみました。書き終わってから、考えてみたらトンチンカンなことを書いているのに気がついて「恥ずかしい」消したいけど消せない。ごめんなさいって思うことが多々あります。しかしブログを書いている立場だと、何もコメントが無いよりはるかにありがたいことです。

さて、なかなかブラシレスジンバルのオートチューニングがうまく使えません。せっかくの機能なのに使えないのも悔しいので色々情報を探しています。

改めてマニュアルの該当部分を解読してみようと。SimpleBGC_32bit_manual_2_42_eng.pdfの8ページから無理やり日本語化してみました。もちろん間違いがあると思われます。優しくコメントください^^;

PID auto-tuning

This feature will be helpful for the beginners, who experienced difficulties with PID tuning.
この機能は、PID調整の困難を経験した初心者のための参考になります。

Before you start automatic tuning, its very important to properly configure hardware of your system: motor outputs, “Power”, “Inverse” and “Number of poles” (latest 2 setting may be detected automatically, as described in the user manual). Also, main IMU position should be configured and accelerometer and gyroscope should be calibrated.
自動チューニングを開始する前に、ご使用のシステムの適切なハードウェア設定が非常に重要:モータ出力の「パワー」、「Inverse」と「極数」(後ろの2つの設定を自動的に検出してもよい)ユーザーマニュアルに記載されているように設定。
また、メインIMU位置の設定を行い、加速度計とジャイロスコープのキャリブレーションする必要があります。

Plug-in a battery, connect board to the GUI and press “Auto” button in the PID parameters section. You will see dialog window, where you can setup auto-tuning process:
バッテリーをつないでコントローラーにGUIを接続し、PIDパラメータ欄の「AUTO」ボタンを押します。自動設定のダイアログがでます。

スクリーンショット 2014-08-17 12.30.18

Slider at the top defines the target of tuning. If its close to “Better precision”, it will try to achieve maximum gain and keep it. If close to “better stability”, it will find maximum gain and than decrease it by 30-50% to make system more stable.
上部のスライダーは、チューニングの目標を定義します。「より良い精度」に近づけた場合は、それが最大ゲインを実現しそれを維持しようとします。「より良い安定性」の場合それが最大ゲインを見つけると、30〜50%でそれを減少させるよりも、システムをより安定にする。※意味がわかりませーん(T_T)

You may chose which axis to tune. Best result may be reached only if to tune each axis separately. But for the first run, you can tune all axis at the same time.
チューニングする軸を選択できます。最良の結果を出すには個別の軸ごとにチューニングします。しかし最初の実行のために、すべての軸を同時に実行できます。

If you want to use your current settings as start point, select “Start from current values” Otherwise, values will be set to zero in the beginning.
スタートポイントとしてあなたの現在の設定を使用する場合は、「現在の値から開始」を選択し、それ以外の場合はゼロが初期値に設定されます。

Select “Send progress to GUI” checkbox to see how PID values change in real-time during tuning process.
「GUIに進捗状況を送信」をチェックし選択すると、チューニング中にリアルタイムでPID値が変化するのを確認できます。

Select “Log to file” to write PID values together with some debug variables to the file “auto_pid_log.csv”. It may be analyzed later to better understand system behavior. There are number of tools to plot data from log files, for example http://kst-plot.kde.org/
ログファイル(省略)

How it works?

Tuning process does simple job: it gradually increases P,I,D values until system enters in self-excitation state. It means maximum possible gains are reached. Than it rolls back values a bit and repeats the same iteration 2 times. Averaged “good” values are stored as PID settings.
システムは自己励起状態(高いエネルギーをもつ定常状態)に入るまで、それは次第にP、I、Dの値が増大する。

難しいので以下略です(笑)

新発見したポイントは

「最良の結果を出すには個別の軸ごとにチューニング」

です。しかしPIDって他の部分との関連は無いのでしょうか?デジタルフィルターってなんだろ?

謎が深まりますねぇ〜


Sponsored Link


 
 

関連記事

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど内容がわからないものなどをメモ

記事を読む

α6300の内蔵「スマートリモコン」をバージョンアップ(できない)

まったく使いものにならない PlayMemories Mobileですが、コメントで内蔵アプリのバー

記事を読む

問題は色々あれど – Brushless Gimbal で桜を撮ってきたの

ソトは危険がいっぱいなので、できるだけ引きこもっていたいのですが、おじさん天気が良いと油断して、つい

記事を読む

ブラシレスジンバル・オートチューニングのテスト撮影

Canon EOS7D2には60pがのってくるようで楽しみです。4Kが無いのは残念ですが、Log関係

記事を読む

アルカスイス互換な Smallrig 1445とDesmondのDS-1プレート

実はebayあたりで極小のプレートを注文してあったりします。しかもなぜか3個^^; しかし未だひとつ

記事を読む

no image

WN-G300Rの設定とテスト

IOの無線LANが届いたので設置・テストしてみました。 軽く設定してファームウェアをアップデー

記事を読む

Comment


  1. 調整信号。 より:

    JOJIさん、こんばんは。
    オートPID機能で苦戦されているようですね。まだGUIが完成されていないかも?
    近いうちに小バージョンアップされるような気がします。

    >>「最良の結果を出すには個別の軸ごとにチューニング」
    これって今まで手動でやってきたチューニング方法と似ていると思います。
    外部からの振動が無い状態で自動的にPIDを求めたら、静止状態のセッティングになるのかなぁ・・・と想像しています。振動を与えながら自動設定する方法も考えましたが、どうやって規則的な振動を作るかが問題です(笑)

    Aliexplessで見つけたセール中の32bitコントローラー搭載ブラシレスジンバル(半完成品) お値段はUPS配達料込みで約6万8千円
    http://www.aliexpress.com/item/DSLR-3-axis-Brushless-Gimbal-handle-camera-gimbal-with-AlexMos-controller-for-CANON-5D-MarkII/1661727600.html

    • admin より:

      こんばんは。
      苦労してる&楽しんでます(笑)調べると色々お作法があるようです。
      とりあえずは手入力で無事に動くので、案外気楽に実験したりしています。とりあえずしっかりしたスタンドを作ろうと構想中。ブログ的にも助かります^^;

      なんか安いコントローラー出てますなぁ 大丈夫なんでしょうかね?
      http://www.aliexpress.com/item/Genuine-Alexmos-BaseCam-BGC3-0-Gimbal-Controller-SBGC-V3-0-32bit-ARM-3-axis-Brushless-Gimbal/1951340188.html

      中国も不動産バブルがはじけているようなので、ちょっと値段が下がってくるのかもしれませんね。
      次期戦闘機はPITCHがダブルモーターで5Dクラスが楽に行けそうなのを考えてます。今使っているタイプは、どうもROLL軸が弱いような気がして^^;

      追記:気になってケーブルの長さを問い合わせたら 34cmだそうです。短すぎ(T_T)

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

録音ミニスタジオ完成の図と12色のリモコンLED電球

構想10年・制作3日の自宅音声収録スタジオの完成です。 ご覧の通

録音(撮影)ミニスタジオの制作DIY

そんな訳で吸音スポンジを壁に取り付けてみた続きです。 調子に乗っ

YAMAHA MG10UXミキサー到着

2018年 物置(事務所or作業場or遊び部屋)の一角を音声収録&撮影

そしてzbrush coreをインストールしてみる話

Blenderに挫折してから一気に3Dにのめり込んでいます。 ま

録音環境を改善する!吸音パネルをDIYとか

久々に更新! すっかり更新グセが抜けてしまい、イマイチやる気が出

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑