*

DAIWA MB263B 軽量3段マイクブームポールとBOYA-C04 マイクホルダーの組み合わせ

公開日: : DSLR

DAIWA MB263B 軽量3段マイクブームポール(1.2万円前後)と BOYA ショックマウント BOYA-C04 マイクホルダーを組み合わせて彼女の生声をゲットするのだ! というわけで、今回も放置してあったマイクブームのご紹介です。ちょっと疲れてハイテンションなんで細かいところはスルーしてくださいませ。

P1100522

最初に紹介するのは卑猥な響きなゴムをつけたショックマウント。BOYA-C04なる中華製品です。アマゾンの評価が悪くなかったので買ってみました。

P1100525

Rode NTG-1 NTG-2 NTG-3 Audio-Technica AT897 ATR6550 Sennheiser MKH-416 ME66/K6 MKE-600 Azden SGM-1X Sony ECM-CG50などのコンデンサーマイクに対応! との事なので安心。予備のゴムが付いているということで2回戦も安心。

P1100524

まあ梱包は中華なんですが、製品自体もオールプラスチック総出演でまあ見た目通りの製品。高級感はありませんが粗悪感もなく、普通に使えるんじゃないかな? という感じです。ただしケーブルを刺さないと、画像のようにマイクだけで振り回していたら、突然抜け落ちそうな恐怖感はややあります。が実際はかなりキッチリ固定されていますので普通はそう簡単に抜けません。たぶん^^;

P1100526

そしてマイクブームポール。これはもう高級品は数十万からあるようで、当然私は最安狙いでDAIWA。ネットの画像を見ると、妙にヒョロくてグリップスポンジだけボコっとしているので、余計ほっそり本体な画像で頼りない感じ。RODE製品はごっついぶっとく男らしい黒光りなんで、思わずうっとり見入ってしまいますが、値段に負けた貧乏な私。

P1100527

届いた本物を生で見て「いやん♪ぶっとい〜〜〜(♥)」と、ちょっと意外でしたが、触ってみるとより大きくて太くてもう眠れません。

P1100528

握ってみて感じる疑問「いったい何センチなんだろう?」。年頃の男の子なら、誰でも一度は気がつく謎です。早速定規を持ちだして….じゃなくノギスで計測してみましょう。

28.1mm

一番太い部分のパイプは28mm程度です。そして2段めが24mm。

24mm

最も細い3段めで20mmでした。三脚あたりと比較してもらうと太さが分かりやすいかも。

20mm

ついでにマイクを計測してみると、20mm弱。勝ったなwww

P1100539

79.7mm

そしてついでにショックマウントも計測。上の画像で79.7mm程度。直径が52mmほど。これは負ける(T_T)

P1100540

搭載するのはショックマウントじゃ無くてもいいのかもしれませんが、よくわからないのと、やはり手で持つのが基本なので、ハンドリングノイズってやつが心配だったのでゴム付きに(笑)

しかし細めで小さくていいんですけど、値段的にも構造的にも前に購入した CLASSIC PRO (クラシックプロ) MS30 サスペンションホルダー(1,598円)のがいいかも。ただし角度調整のネジはこっちのが使いやすそうな気もしたり。

P1100530

グルグルまわすナット(?)の部分も金属製でしっかりしています。ただし、かなりシッカリ締めないと、固定力は2流な感じで、振ってみるとカタカタ音がでたりします。シッカリ閉めれば大丈夫だけど、今度は緩めるときに硬い^^; 三脚は振り回さないので、カタカナ音を気にした事はありませんが、この辺は三脚慣れした私の感覚のズレなのかもしれません。

P1100532

そういえば、どうして4段にしないで3段を選んだのか? 別に貧乏が原因ではなく、携帯性を無視しただけです。そして3段のほうが軽いから。カーボンじゃないしね。

P1100534

というわけで、全体的にはかなりしっかりした仕上げで、おもったより太くてカッコいい。足の出し入れもスムーズで空気の抜ける音がしたりして、これで充分なんじゃないかと思った製品でした。高いのは何が違うんだろ?

P1100533

なんか小ネタが続きますね。これはきっと、嵐の前の静けさ?(笑)

無料のLUTが3つダウンロードできました。


Sponsored Link


 
 

関連記事

デジタルなワイヤレスってるラベリアマイクを検討する(だけ)

またマイクの話か! と言われそうですが、やはりワイヤレスがないと不便じゃありませんか? そしてLED

記事を読む

録音(撮影)ミニスタジオの制作DIY

そんな訳で吸音スポンジを壁に取り付けてみた続きです。 調子に乗って汚い作業部屋を半分にして、収

記事を読む

到着!SENNHEISERゼンハイザー MKE600を開封

世間はすっかり連休で道路も超混雑。お天気も順調でブログ書いてるのが虚しくなります。しかし晴れ間を選ん

記事を読む

【雑談】Rode FIlmmaker kit と NOKTON 10.5mmと Mac OSX El Capitan

日曜の夜なので雑談というか特に書くことが無いので暇つぶしというか。 昼間は天気が悪いの

記事を読む

俺的結論は ZOOM H5 ハンディレコーダー

忘れた頃にやってくるebayでの購入品。リグ関係を少々注文してあるけど、忘れてないのでまだ届きません

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

DJI Osmo Mobile 2 を少し使ってみた感想など

BlackMagicDesign URSA mini 4.

DJI Osmo Mobile 2 の少しディープなレビュー

DJI Osmo Mobile 2 を選んだのは「アクティブトラック」

スマホ用ジンバル比較=DJI OSMO mobile2 vs ZHIYUN Smooth 4 vs MOZA mini-mi

さて! 聞いて気になる見て欲しくなる。うれし恥ずかしスマホ用ジンバルの

【実験】Neewer 37mmクリップオンND 2-400 NDフィルタークリップ付きの性能を確認

前回の記事「FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

俄然! iPhoneの有効活用が気になり始めました。 前回プレビ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑