*

マジックランタンRAW撮影テスト(前編)Mac 5D2 DaVinci MlRawViewer

公開日: : DSLR ,

やっと晴天になりました。久しぶりのお天気なので、ちょっと早起きして撮影テストをしてみます。はたしてマジックランタンの画質は? そして使い勝手は?

最初にデータの確認です。内容は4カット。各10秒程度の長さです。やっぱりデータはでかい^^;

スクリーンショット 2015-02-04 12.04.01

撮影したデータ「.mlv」をMacBookにコピーして、最初は MlRawViewerを起動。ファイル選択画面が出てくるのでコピーした上の mlvファイルのひとつを選択。画面が無事でてきました。

th_スクリーンショット 2015-02-04 12.06.17

撮影時のデータが確認できるのは便利ですね。ちなみに気になっているピクチャースタイルは標準でさつえいしてみました。ホントはこのへんの影響も確認したいのですが、今回はシンプルに。

スクリーンショット 2015-02-04 12.07.12

左側の「+」ボタンで変換開始。無事に DNGファイルが並んだフォルダが出来上がっています。順調です。スピードも MscBook Pro Retina, 15-inch, Late 2013 2.3 GHz Intel Core i7 16 GB 1600 MHz DDR3 NVIDIA GeForce GT 750M 2048 MB の場合、変換がほぼ実時間。10秒が14秒とかいう感じです。

th_スクリーンショット 2015-02-04 12.07.26

大きくなると違いがでてくると思いますが、もともとそんなに長いカットを撮るものでもないので、思ったよりは負担ではありません。できれば全ファイルを一気に変換してくれるといいのですが、もしかしたら、そんな機能があるのかな?

th_スクリーンショット 2015-02-04 12.08.01

撮影時の明るさの確認が、どうすべきなのかよく分かりません。とりあえずカメラのプレビューにある棒グラフみたいなやつで、普通に真ん中にくるように可変NDフィルターで調整しています。Polaroidのやつ。

th_スクリーンショット 2015-02-04 12.08.36

ISOは100です。ホワイトバランスは太陽にすると真っ青になるので自動で撮影してみました。その他は画面上に表示されているものです。

スクリーンショット 2015-02-04 12.09.14

MlRawViewer ちゃんが少し不安定なのか? 終了させストエラーが出ます。実害はないのですが。ちなみに変換終了後はファイル容量が倍近くになります。さすが^^;

スクリーンショット 2015-02-04 12.09.31

そして Davinci Resolve Lite(だよ当然)11を起動。まずはファイルを読み込ませ…..あれ?左上のライブラリの部分にフォルダーが出てこない^^; 先日はメモリーを指した状態だったので自動で出てきたのでしょうか? 今日はでてきません。どうすればいいのか….

スクリーンショット 2015-02-04 12.34.30

ライブラリの部分にでている英語文字(上図のオレンジ色の文字)部分を右クリック。ズラッとメニューが現れました。上から順番に読んで行きます….

スクリーンショット 2015-02-04 12.34.41

まったくわかりません(爆) しかたないので「環境設定」でフォルダを登録? とよく見たらムービーフォルダのダヴィンチフォルダが例のオレンジの文字なので、このフォルダの中にデータを移動させれば解決?

スクリーンショット 2015-02-04 13.30.11

DaVinciを再起動してみると、無事にファイルがでてきました。

スクリーンショット 2015-02-04 13.34.31

ココからはDaVinciの使い方になります。が!最初に困ったことを発見。よく見ると、画面が右側&下側にはみ出しています。画面キャプチャを取るとすべて撮影されているのですが、実際に見えているのは黄色い線の部分。

スクリーンショット 2015-02-04 13.36.10

まあ、ウインドウを最大化するボタン(下図の矢印)で正常になるのですが、毎回押さなければならないのがちょっと面倒ですね。

スクリーンショット 2015-02-04 13.39.21

それではムービーを登録していきます。左上の左上のライブラリのプレビュー(ファイルでも可)を画面下部のメディアプールのMasterにドロップしていきます。

スクリーンショット 2015-02-04 13.42.37

この時に下図のようなアラートがでる場合があります。これはDaVinciで設定されているムービーの情報と登録しようとしているデータの情報が違っていることが原因みたい。例えばDaVinciは24pになっているのに動画データは30pだとか。

スクリーンショット 2015-02-04 13.42.20

とりあえず今回は気にせず「変更」ボタンで進みます。

長くなったの後編に続く!

 


Sponsored Link


 
 

関連記事

MagicLanternでRAW撮影用の設定&テスト

いくつになっても勉強!というジジくさい言葉が実感できるようになってきたような気がします。雪ばっかりな

記事を読む

マジックランタンRAWムービーのレンズによる違いを軽く試した

残念ながら期待のKiss系にDPAFは搭載されず。おまけに動画はスペックダウンみたいな。70D重いし

記事を読む

DIY Brushless Gimbal (Simple BGC) の設定をイロイロ試してみた

最初の頃から比べれば安定してきたと言えるブラシレスギンバルですが、いろいろな動画を見るとがっくりしま

記事を読む

マジックランタンRAW撮影テスト(色がぁ編)MlRawViewer

EOS 5Dsが出るようですが金額的にも私には無関係な感じ。注目はEOS 8000DとかEOS Ki

記事を読む

日本語化?Blackmagic Design DaVinci Resolve Lite 11.1.4?

Blackmagic Design さん。妙に印象が良いというかイケてるイメージです。応援しています

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

激安中華な Bluetooth 5.0 イヤホンを買ってみたけど便利ね

前から気になっていた Bluetooth 5.0 イヤホン。 耳

2018年に購入したもので最も良かったものはミニスライダー

あけまして おめでとうございます 2019年 第一発目にご紹介す

Final Cut Pro X 用の無料 Calloutsプラグイン13種&12種がいい感じ

すっかり Final Cut ネタが続きますが皆様いかがお過ごしでしょ

Final Cut Pro X用 無料のオススメプラグイン = SliceX Free を試してみた

Final Cut Pro Xを使っていて一番不満なのがトラッキング関

WIGGLE TEXT – ブルブル震える文字をファイナルカットで作る

みんな大好きブルブル振動。 そこで今回はファイナルカットで出来る

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑