*

新しいCFカードをマジックランタン用に準備する

公開日: : DSLR ,

Nebula 4000 Liteも32bit版がでてこない。8bit版を買って改造するのもアレだし特に急いでもいないので我慢強く待ってます。Simple BGCも新バージョンが出ませんね。外は雪だし今日もマジックランタンで遊びましょうか。

一生懸命に Magic Lantern v2.3 – Install Guide 日本語 を読んで勉強しています。RAWでの撮影はデータが大きくなります。現状 1856×844(AspectRatio-2.20:1)での撮影では10数秒で1GBになります。CFカード64GBの場合、単純計算で640秒(10分)程度。撮影の時は数枚のカードを用意しておく必要がありそうです。

スクリーンショット 2015-01-31 22.12.18

試しに新しいCFカード(Transcend 8GB CF CARD (133X、 TYPE I ) TS8GCF133)を、マジックランタン済の5D2に入れてスイッチを入れてみます。すると普通に立ち上がります。この状態では普通の eos 5D markII になっているようです。普通のメニューを出してカードを初期化しておきます。もちろん、この古いカードでRAWは無理だと思いますが、手元にコレしかなかったので^^;

マジックランタンの場合、新しいメモリーカードをカメラに入れて初期化すれば使用可能!とはいかないようです。Install Guide 日本語の「マジックランタンを他のカードにインストールする」の部分を読むと、あらかじめ準備が必要みたい。ちょっと面倒ですね。

th_スクリーンショット 2015-02-01 15.02.35

ガイドによると、やはりダウンロードしたファイル一式をコピーしておく必要があるみたい。試してみます。

magiclantern-Nightly.2015Jan29.5D2212.zip
http://www.magiclantern.fm/downloads.html
スクリーンショット 2015-01-31 14.53.40

新しいCFカードを MacBook Proにマウントしてファイルをコピー。ちなみに不調だったカードリーダーですが、どうやらリーダー本体とUSBケーブルの接続部(USB3独特な形の差込口)がイマイチしっかり刺さっていないのが原因みたいでした。

スクリーンショット 2015-02-01 15.08.42

上図の状態になったCFカードをeos 5D2に入れてスイッチオン。通常のメニュー画面を出してファームウェアを確認。2.1.2のままなのでアップデートします。緑色の「Please restart your camera」と出たのでスイッチを切って再度スイッチオン。

起動しません(笑)

どうやらカードに問題があるみたい。これが例の「ブートフラグを設定する必要」というやつか?いい機会なので続けて実験してみます。MACの場合には MacBoot を使えばいいよって書いてあるので、素直にMacBootをインストール。

スクリーンショット 2015-02-01 15.17.50

MacBootのダウンロードは下図の位置2箇所にありました。

th_スクリーンショット 2015-02-01 15.43.22

スクリーンショット 2015-02-01 15.19.17

一応両方ダウンロード。ダウンロードした macbootcommand.zipとmacboot.zipを解凍。中身はmacboot.commandとmacboot.class というファイルがそれぞれひとつだけ^^; class ってあるし ページの最初には「MacBoot is a Java application for OSX designed to make cards 」ってあるからダブルクリックで起動?

スクリーンショット 2015-02-01 15.22.16

一応カードをMacに接続して macboot.classをダブルクリック。すんなり起動しました♪

th_スクリーンショット 2015-02-01 15.29.46

使い方がイマイチわからないので検索。解説動画を発見しました。どうやらMac OSX の Mavericks の場合は macboot.command を使えばいいみたい。

macboot.commandをダブルクリック、コンソールが出るのでパスワードを入れてエンターで起動!

th_スクリーンショット 2015-02-01 15.41.27

Make DSLR-bootable をチェックして下の Prepare Card ボタンをクリック。MacBoot を終了してコンソールを閉じてCFカードをカメラに装着。カメラを起動して再度ファームアップを実行。無事にマジックランタンが動くカードが出来上がりました。

Komputerbay のCFカードの時はなにもしないで起動できたので、新しく買う場合は、やっぱり新しいカードが楽ですね。
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

今年最後の桜撮影テスト 十王公園の桜が散り始めて綺麗

Brsuhless Gimbal の設定を調整したので、近所の公園で撮影してきました。曇り空の合間の

記事を読む

59,000円くれるって言うからauひかりに変えてみた

フレッツ光の2年縛りで割引しますよ電話がウルサイのでひかり電話を解約しようかと思っていたら、auひか

記事を読む

マジックランタンRAWムービーのレンズによる違いを軽く試した

残念ながら期待のKiss系にDPAFは搭載されず。おまけに動画はスペックダウンみたいな。70D重いし

記事を読む

マジックランタンRAW撮影テスト(前編)Mac 5D2 DaVinci MlRawViewer

やっと晴天になりました。久しぶりのお天気なので、ちょっと早起きして撮影テストをしてみます。はたしてマ

記事を読む

DIY Brushless Gimbal (Simple BGC) の設定をイロイロ試してみた

最初の頃から比べれば安定してきたと言えるブラシレスギンバルですが、いろいろな動画を見るとがっくりしま

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

簡単にSONYカメラとURSA mini 4.6Kの色を合わせる LUTS

少し色々試してみて、とっても気に入ったので改めてご紹介してみます。

MOZA AirCrossのPIDを調整してみる美少女

最初に MOZA AirCrossをPCに繋いで調整する手順を簡単に紹

JJC 液晶シェード(液晶フード) SONY α6000 α6300 α6500 用を試す!

おじさんが液晶フードを試してみたけど...というお話をしまーす!

MOZA AirCross 3軸手持ちジンバルを買ってみた【動画編】

Amazon様で「4,990円OFFのクーポンが適用されています」とい

無料の動画素材サイトをメモ

自分用の動画素材サイトをメモ。 ライセンス等は当然ですが自己責任。良

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑