*

激安 SODIAL(R) 3-in-1デジタル18%のグレー/白い/黒いカードセット

公開日: : 最終更新日:2017/10/17 DSLR ,

ホワイトバランス続きですが、注文したまま忘れていた「SODIAL(R) 3-in-1デジタル18%のグレー/白い/黒いカードセット、白い露出バランス+ストラップ」が本日到着したので、簡単にテストしてみます。

Amazonで送料込み183円という激安品です。

当然中国あたりから海を渡って届くので到着まで時間がかかります。2017年9月25日に注文して到着が10月16日という大航海。20日程度かかった計算です。

SODIAL(R)3-in-1デジタル18%のグレー/白い/黒いカードセット、白い露出バランス+ストラップ
このアクセサリーは、正確な曝露を提供する、優れた画像を生成する
あなたが必要な明るいや暗い環境を調整する
グレーカードは18%のニュートラルグレーのすべてのミックスライトのバランスをとる
光度計グレーカードは、正確な露出値を得る
カラーバランスを調整して、グレーバランスを制御して、デジタル写真の本当の色を戻す
アンチスクラッチと防水、新たなブランド、高品質
このカードはコンパクトで軽いです。
長さ:約。8.5 X5.4cm/3.3″×2.1″
パッキングの内容:
1×グレーカード
1×白いカード
1×黒いカード
1×新しいストラップ

さっそく計測してみると予想通りメチャクチャです(笑)

注目の18%グレーカードから。銀一グレーカードで計測した状態が5600K M3に対して SODAIL 18% が6100K M2という数値。

計算上 500K高い数値が出ます。これは!

間違えたのかと思い再度計測。ふと気になってカードを立て気味にしてテストすると 6400K M2 !!!

ここで気がついたのですが、光源からの角度によって色温度が変化するようです。具体的には光源に対してまっすぐ光が当たるようにすると色温度が低い数値になるようです。G-M:の方の数値は変化しない模様。

銀一カードの場合


↑5600K M3


↑5800K M3

そこで角度が同じ状態になるように調整しながら再度計測。

銀一カード 5600K M3
SODAIL 18% 6100K M2
SODAIL 黒 5600K M3
SODAIL 白 5800K M2

どうやら黒で色温度を計測するのが一番正確(?)のようです。

しかしこれも微妙な感じで、いろいろな環境で確認してみないと信用できないような^^; 結局微妙な誤差はあきらめてRAWで撮影しておくというのがベストなんでしょうか?

色温度について色々調べていたら、結構重要というか抜けが違うとか影響が大きいというのを読んだ気がするので気になっています。

なかなか奥が深いですな〜
 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

FilmConvertのSony a6300用カメラプロファイルが登場

久しぶりの更新になってしまいました。 しばらく逃亡生活を送っていて更新できない状態でした。借金

記事を読む

ダイナミックレンジが広がったのか?ちょっと実験

Nikon のカメラって普段はまったく気にしていませんでした。すいません。ふとネットを徘徊していて発

記事を読む

X-rite カラーチェッカーパスポートビデオを試してみる

でジンバル、カメラ中古品を販売中です。     color grading central

記事を読む

α6300のオートフォーカスをテストしてみる(桜)

Wordpressを使っているのですが、バージョン4.5にアップデートしたところ画像のアップがうまく

記事を読む

VisionColor LUT UtilityとOSIRISとImpulZを買ってみる?

アマゾンのプライムビデオが微妙な品揃え。プライム会員へのおまけで見放題なので贅沢は言えませんが、ちょ

記事を読む

Comment


  1. ragi より:

    ホワイトを撮る時は(動画ですが)アイリスはオートで、が一応基本です。
    困った時はプリセット…っていうのも個人的にはやってますw

    グレーカードは(写真ですが)銀一が一番使いやすかったかなぁ、Kodakも使ってたけど、今はもう売ってないし。。。

    • admin より:

      なんか計測するたびに微妙に違ったりして困ります。電源入り後の時間経過による変化なのか? それとも微妙な光のあたり具合の差なのか….まあ 100程度は誤差なんだろうと納得しています。

      銀一いいですね。わりと安定している気がします。でかいし(笑)少々高いけど。

      やはりRAW収録ですかね〜SSD化して。

  2. スヌーピー より:

    ネタで買ったのは分かるけど、反射率の違いかな?
    ギンイチのやつは特殊塗料でテカリにくいはず

    水道橋重工 vs メガボット もうじき開戦
    http://japanese.engadget.com/2017/10/16/10-18/

    • admin より:

      ふと金額を見て反射的になにも考えず買いました。そして届くまで忘れていました(笑)
      暇見て野外で日光によるテストなんかもしてみたいと思います。
      結構色々億が深くて勉強になりますね。

      ロボ対決。どんな結果になるのか楽しみですね。盛り上がって欲しい。
      明日にはYoutubeにでてくるんでしょうか? いいですねぇ

      NeatVideoを試したというか FCPX版なので 素材を ProResにしてFCPXとDavinciでデノイズして書き出しという感じで。せっかくなので記事にしてみようかと思います。
      Davinci用NeatVideo高いからなぁ〜

  3. ragi より:

    両方使い分けしましたが、Neatの方が上ですね、Resolveのノイズリダクションは若干ボケすぎですが、それが却ってFPNを消す時に有効という意外なパフォーマンスが、、、、^^;;

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

YAMAHA MG10UXミキサー到着

2018年 物置(事務所or作業場or遊び部屋)の一角を音声収録&撮影

そしてzbrush coreをインストールしてみる話

Blenderに挫折してから一気に3Dにのめり込んでいます。 ま

録音環境を改善する!吸音パネルをDIYとか

久々に更新! すっかり更新グセが抜けてしまい、イマイチやる気が出

CeVIO Creative StudioがMacのWin10で認証失敗

久しぶりに更新できました。 この時期は寒くて...と言い訳から入

xismoを使ってみて覚えたところと謎なところ(追記あり)

謎と言っても私の理解が足りないだけなんですけどね^^; 一応私の

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑