*

Brushless Gimbal Alexmos Simple BGC 設定例

公開日: : Brushless Gimbal

お待たせしました。最新のSimple BGC GUI 設定サンプルを紹介します。設定は 8bitコントローラーのものです。32bitでも検証してみましたが、ほぼこの数字で安定しています。

32bitは許容範囲が広いのか、8bitの数字をいれても「それなり」に動きます。もちろんカメラやモーターが違えば調整は必要ですが、最初の設定として、この数値を入れて調整していくのが便利です。

それではどうぞ〜

Basic

01Basic

各軸のPIDを新しく見直しました。今まで摩擦の大きい軸受けで無理やり動かしていました。
軸受けの改修後、摩擦抵抗がほとんどない軸になったおかげで本来のPID設定になったかなと思います。
この画面でのポイントはYAW軸に制御とパワーを集中させた点です。
ほか、Limit accelerationsを100から500dg/sec2へ大幅に変更です。これにより高負荷処理時のモーターの粘りが出ます。700~1000でも行ける感じですが、上げ過ぎると水平に戻りにくいです。

Advanced

02Advanced

アナログジョイスティックを導入されたら、まずはRC Sub-Trimできちんと(ほぼ)静止するように調整が必要となります。AUTOボタンで行い、その後微調整で上げ下げします。敏感なジョイスティックはDeadband around centerの数値を増やして感度を落とします。

RC Settings

03RC Settings

アナログジョイスティックを動かすにはRC Input MappingのPITCHにEXT_PITCH-analog、YAWにEXT_ROLL-analogを設定すると動かせます。
RC Controlは画面の通りです。ROLLは使わないのでゼロ設定です。
ANGLEは使用したい角度を設定します。
プラスマイナスの値を入れ替えるとジョイスティックの動作を反転させることができます。
SPEEDは早すぎるとモーターが脱力します。ほどほどに。
LPFの数値を小さくするとすぐに動き始めます。数値を大きくすると鈍く動き始めます。マックス16にするとジョイスティック制御が止まります。

Service

04Service

画面の通りで設定します。

Follow mode

05Follow mode

画面の通り設定します。
Deadband degressでフォローモードの開始時期を設定
数値が小さいと早く反応、大きいと遅く反応、Expo curveでリニア設定

アナログジョイスティックを導入することでコンピュータの処理が複雑になります。今までにない変な挙動も出るかもしれませんが、微調整でカバーできます。

以上

もうおわかりですね?調整信号。さんの提供です(爆)いつもありがとうございます。

もうね^^;すいません。

後半からカスタマイズを説明していますが、最後のコントローラーケースがw

guide


Sponsored Link


 
 

関連記事

URSA mini 設定カスタマイズ:フォールスカラーのボタン割り当て不可?

今日は晴れかと思ってテスト撮影の予定だったのですが、起きたらなんと雪が舞っているという。おまけに北風

記事を読む

今頃 SONY α6300にタイムラプスアプリケーションを購入

急に思い出して SONY a6300でのタイムラプス(低速度撮影・微速度撮影)の話題です。JJCのリ

記事を読む

ブラシレスギンバルのROLL軸をバランス調整する

もともと性格が超アバウトのケンチャナヨ~状態な私(100%日本人です)。そういえば気の短い韓国人に「

記事を読む

amazon fireTV stickが届いた

プライムビデオが始まった段階で割引販売していた amazonのFireTV stickが本日28日に

記事を読む

SONY α6300 vs Panasonic GH4 対決第一弾!画質と画角とローリングシャッター現象(追試)

さて、しばらくは α6300と GH4の比較という内容が多くなると思います。でも、途中で小物いれたり

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link




  •  

PAGE TOP ↑