*

Final Cut Pro X用 無料のオススメプラグイン = SliceX Free を試してみた

公開日: : 最終更新日:2018/12/22 FCPX&Motion

Final Cut Pro Xを使っていて一番不満なのがトラッキング関係です。

純正状態では手ぶれ補正等が可能ですがトラッキング機能は付いていないようです。そのためプラグインに頼らざるを得ない状態。

普段 画面にぼかしを入れるという必要性はほとんどありません。ボカシの入ったものを見るのは大好きなのですが…

たまに自動車関係でナンバープレートを隠すとか、ごく稀に顔をぼかすとか。

私の一番使用頻度が高いのは、ある部分を消す! という使い方だと思います。

Davinci Resolveだと簡単に処理できるのですが FCPXだと結構手間がかかります。

やはりここは便利なプラグインに頼りたいところ…FCPXがバージョンアップで搭載しれくれればいいけど。
 
 
Pixel Fils Studios からも数種類のトラッキング系プラグインが販売されていてすごく気になります。

が!

トラッキングと言えば、昔から気になっていた「powered by mocha」という単語。

そこで今回は無料のオートトラッキング&ぼかし等プラグイン SliceX Freeを試してみました。

これは SliceX powered by mocha($99)の機能限定版でしょうか?

https://coremelt.com/products/slicex-free

インストールから使い方まで、簡単な解説動画が公開されています。

SliceX Free – completely free tracked masks inside Final Cut Pro X

少し古い動画のようで、画面デザイン等が若干違います。

2018年12月現在のメールアドレス登録画面(一番上のURL)が次の画像。

上の欄はメールアドレスと書かれていますが下の欄は…?

試しにメールアドレスだけ記入して下の欄は空白のままで Submit すると…..問題ないようです^^;

メールを確認するとダウンロードリンクとシリアルナンバーが届いていました。

大丈夫みたいですね。

メールで届いていた上の画像の「Download Now」を押すとページが表示されてダウンロードが始まりました。

ダウンロードされたのは CoreMeltSliceXTrackXDriveX.dmg(49.5MB)というファイル。

マウントすると以下の状態です。

左のアイコン部分をダブルクリックでインストール開始。

ちょっと派手目なインストール画面が立ち上がりました。

続けるボタンを押してインストールを開始。

インストールが完了すると突然ホームページが開きました。

ここまでは特に問題なさそうです。

続いて Final Cut Pro Xを起動してみます。

するとエフェクトタブに4つのプラグインが追加されていました。なぜか4つ^^;

それぞれを確認すると中身もてんこ盛り^^;

デモ版までまとめてインストールされてしまったのでしょうか?

一応各内容を画像でチェック。

気になって いつもプラグインを入れるフォルダ(ムービーの motion templatesフォルダ内)を確認しましたが、新しいものは何も見つかりません。

削除する方法を探さないと^^;

一応タイムラインに適当な素材を並べて公式動画の解説通り C2 Slice X の Blur Shape Maskを素材にドロップすると以下の画面。

そして例のメールで届いていたシリアルナンバーを入れるために下図の小さい Registration ボタンを押します。

ライセンスマネージャーが開くので(右のアラートは不要らしい)右下の Activate License…を押して名前やメールアドレスと例のシリアルを入れれば認証完了。

ここまで、特に問題ありません。

早速試してみます。

画面上に出る範囲指定の緑の枠を適当に移動して画面左下の三角のトラッキングボタンを押すとライセンス認証アラート!!!

え?

アラート画面の英文を読むと、どうやらフリー版は楕円か四角のみ利用可能で範囲を自由に変形させての利用はできない。と書いてあるような気がします。

どういえば動画でもなにか言っていたような気がします。ちょっと残念。

気を取り直して四角にして実験。

予想通りでした(笑)

なにも問題ありません。

トラッキングも時間はかかるけど制度は高そうな雰囲気。

問題は値段と画面デザインでしょうか?

Macのソフトにしては色も絵もイケてないので少し残念な印象です。

しかし余計なものまで入れまくってくれて、すごく邪魔です。できれば削除したい(T_T)

どうすれば削除できるのでしょう????

ということで英語で検索してみました。

final cut pro x slice x uninstall

探し出したのがここ

https://support.coremelt.com/hc/en-gb/articles/229163687-How-do-I-uninstall-remove-CoreMelt-plugins

要はアプリケーションフォルダに CoreMeltフォルダがあるので、その中の uninstallフォルダに各種アンストーラーが入っているということのようです。

良かった。
 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

Final Cut Pro X のマッチカラーを試す

予想通りなかなか出てこない SimpleBGC_GUI_2_42 ですが、あいにく天気もイマイチなの

記事を読む

楽天ブックスで買ってみた感想

数日前の話だが、楽天ポイントが貯まっていたので楽天ブックスで購入してみた。全体的には問題ない流れだっ

記事を読む

簡単にSONYカメラとURSA mini 4.6Kの色を合わせる LUTS

少し色々試してみて、とっても気に入ったので改めてご紹介してみます。 たぶん今後はこの設定で行っ

記事を読む

Final Cut pro X プラグインの PRODRK を試してみた

激安3千円以下のプラグイン「PRODRK」を早速使ってみました。とは言え英語バージョンなので詳細はよ

記事を読む

Davinci Resolve 15.2で書き出して Final Cut Pro Xで読み込む

中古カメラ機材パーツ 販売中! 早いものがち!     Windows 10

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

エレコム GRAPH GEAR NEO カメラバッグDGB-P01BKにジンバルを入れる

やっぱり高いけどEndurance (エンデュランス) カメラバッグの

エレコム GRAPH GEAR NEO カメラバッグDGB-P01BKが北の国から

一年中GWの美少女です。 Lowepro カメラリュック フリッ

MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーが届いた!

1万円弱で買えるスマホ用ブラシレスジンバルの新型 MOZA Mini-

GoPro Hero7 Black用 保護ケース アルミ合金保護フレームがいいよって話

別に大した話ではありません。 最近書くことが少ないのでたまには書

期待の新製品 MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーが発売されたみたい

教えてもらった新製品のホームページで MOZA Mini-Sが紹介され

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑