*

DJI Osmo Mobile 2 の少しディープなレビュー

公開日: : 最終更新日:2018/11/12 Brushless Gimbal ,

DJI Osmo Mobile 2 を選んだのは「アクティブトラック」機能に期待して! ということになります。美少女をグリグリ追いまわすのです!

前回の記事で競合機種との比較などを色々書いているので、詳しくは「スマホ用ジンバル比較=DJI OSMO mobile2 vs ZHIYUN Smooth 4 vs MOZA mini-mi」を御覧ください。
 
 

基本的なことは既にブログや動画でたくさん紹介されていると思うので、ワタシ的に中々見つからなかった情報を中心に今回は DJI Osmo Mobile 2を紹介してみます。スマホは iPhone 7 となっていますのでヨロチク。

基本的には FiLMiC proでの利用を考えているのですが、アクティブトラックなど純正ソフトでのみ利用できる機能も使う場面が想定されます。そこで、純正ソフト「DJI Go」の録画設定まわりと出来上がるデータ。そしてアクティブトラックの制限など、とりあえず純正ソフトを使用した場合の使い勝手を確認してみます。
 
 

純正ソフト「DJI Go」の録画設定項目

普通にLOG収録とかは無いのが当然だと思いますが、ピクチャープロファイル的なものも無いようです。

Beautifyモードというものがあるようですが 720p限定なので私の対象外。ホワイトバランスは調整できますが、手動モードという項目をオンにしないと ISOとシャッタースピードは好みの値に調整できません。

ちなみに iPhone7 だからなのか? 4K30P 1080P60 1080P30 720P30 の4種類のみ選択可能です。 4K( 3840*2160 )です。

当然だと思いますがアクティブトラックを使わない場合は FiLMiC proで撮影することになりますね。
 
 

タイムラプスのデータ

FiLMiC proでもタイムラプスの収録は可能ですが、アクティブトラックと併用する場合は純正ソフトを使うしかありません。

では、純正ソフト「DJI Go」のタイムラプスはどんなデータが出来上がるのか? 上で見つけた最高画質設定で収録できるのか? ここを確認してみます。

解像度は 上記設定のままで4K( 3840*2160 )の動画が出来上がってきました。H.264のmovファイルになっています。良くわかりませんが、まあ妥当なところだと思います。

ちなみに純正DJIGoはアプリのライブラリにデータが保存されるので、共有等の一手間が必要で少し面倒です。FiLMiC proみたいにカメラロールに保存してくれたらいいのに。
 
 

アクティブトラックの制限

上記4K30Pの設定で特に問題なくアクティブトラックが使用可能のようです。ハイパーラプス時にも使えるのが最大の目的だったのでとても安心しました。

あとは実際に撮影してみて、どの程度の仕上がりになるのか? このあたりは後日ですね。
 
 

DJI Osmo Mobile 2の第一印象

見た目は想像通り。チープです(笑)

ちょっと意外だったのがスマホ取り付け部分の白っぽいやつはシリコンみたいなゴム系になっていて、一応気を使っているなという感じがしました。

とにかく色が残念なのかもしれません。なぜ黒にしなかったのか? 黒だともっとチープなんでしょうか?

付属品は上の方の写真にある通り紙類が3種類。そしてmicroUSBケーブル1本。ミニ三脚は付属していません。そこは少し残念。

ソフトのわかりやすさは普通。

設定できる項目が少ないので、ほとんど迷いません。しかし一部が日本語化されていないので、よくわからない部分が数箇所ありました。

ジンバルの安定性も普通というか最弱な感じです。

調整できる部分をよく見ていないので、このあたりは後日検証してみます。とりあえず電源オンでソコソコ使えてしまいそうな感じでした。

重量・運搬について。

付属の黒いケースは大きすぎるので、なにか手軽な持ち運び用のケース(ポーチ)などを考えてみるつもりです。

重量的にはまったく問題ありませんね。通常のジンバルから見れば、これぞ片手持ちジンバル! という軽さ。乗せるのもスマホなので美少女でも軽々扱えます。
 

以上 続く。
 
 


 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

エレコム GRAPH GEAR NEO カメラバッグDGB-P01BKにジンバルを入れる

やっぱり高いけどEndurance (エンデュランス) カメラバッグのほうが良かったんじゃないかと思

記事を読む

【実験】Neewer 37mmクリップオンND 2-400 NDフィルタークリップ付きの性能を確認

前回の記事「FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード」に引き続き FiLMiC p

記事を読む

MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーが届いた!

1万円弱で買えるスマホ用ブラシレスジンバルの新型 MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーの開

記事を読む

FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

俄然! iPhoneの有効活用が気になり始めました。 前回プレビューモニターとして iPhon

記事を読む

Davinci Resolve 15.2で書き出して Final Cut Pro Xで読み込む

中古カメラ機材パーツ 販売中! 早いものがち!     Windows 10

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

エレコム GRAPH GEAR NEO カメラバッグDGB-P01BKにジンバルを入れる

やっぱり高いけどEndurance (エンデュランス) カメラバッグの

エレコム GRAPH GEAR NEO カメラバッグDGB-P01BKが北の国から

一年中GWの美少女です。 Lowepro カメラリュック フリッ

MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーが届いた!

1万円弱で買えるスマホ用ブラシレスジンバルの新型 MOZA Mini-

GoPro Hero7 Black用 保護ケース アルミ合金保護フレームがいいよって話

別に大した話ではありません。 最近書くことが少ないのでたまには書

期待の新製品 MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーが発売されたみたい

教えてもらった新製品のホームページで MOZA Mini-Sが紹介され

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑