*

動画編集用PCの性能を見てみる

公開日: : Macintosh

結局のところ、すべてを刷新することになってしまった新PC。総額20万円弱はかかったような気がします。面倒なんで細かく見ていません(笑)

スペックとしては Core i7-7700K nVidia GTX 1070 SSD500GB+SSD128GB+HDD3TB 16GBメモリという感じでしょうか。

一応完成したので、どの程度の性能になっているのか確認してみたいと思います。

最初に目的の Davinci Resolve 14を起動。ちなみにソフト自体はSSDですが素材・キャッシュファイルは内蔵HDDに指定してあります。そしてプロキシ編集用の「最適化したメディア」は作成していない状態です。

メディア画面で素材を読み込み再生してみると、4K(3840*2160) 23.976 movが無事に再生されました。一安心。

URSAの 840*2160 ProRes422も未編集状態であればスムーズに再生されています。

ところが、編集画面とかカラー画面に行くと微妙に違ってきます。もちろん少々の色補正等、各カット4〜8ノード使用状態ですが、たまに引っかかりが出てしまいます。それでも表示は24fps等をほとんどキープしているので、まあまあ合格点かな・ という感じ。

本体メモリーが16GBなので、これを32GBに上げたり、キャッシュや素材を別途SSDですがにおけば4K編集もストレスなくできそうな雰囲気です。

GTX 1070を入れる前は intel HD630 内蔵ビデオ。

そそくさtxBenciしてみました。

下がGTX1070導入後の xBenciです。

Quartz Graphics Testが142から137と低下。OpenGL Graphics Testは360から541へ向上。まったく意味がわかりません。ネットでいくつかの計測値を探して比較してみても良くわからず….どうも業界ではGeekbench 4というのが標準みたいです。

制限はあるものの無料でも使用可能みたいなのでお試し。

CPUベンチが上図。下図は OpenCLです。

 

Mac Benchmarks
https://browser.geekbench.com/mac-benchmarks

ここで比較してみました。

Single Coreの5716は同じCPUを搭載しているiMac (27-inch Retina Mid 2017) 5667と同等かそれ以上。もしくは誤差の範囲かもしれません。

Multi-Core 19539はiMac Pro (Late 2013) 22002には届かずiMac (27-inch Retina Mid 2017)と同等以上。

CPUは同じものを搭載している iMac Pro (Late 2013)と同等ですね。当然の結果です。
 
 
Macお宝鑑定団 Blog
http://www.macotakara.jp/blog/macintosh/entry-32689.html

こちらの記事によると AMD Radeon Pro 580 が 105498となっているので、146595は1.46倍のスピードとなっているようです。

https://browser.geekbench.com/opencl-benchmarks

この辺を見ると Radeon RX Vega 204002より下で Radeon Vega Frontier Edition 186349より少し上という感じです。

といっても、実際には使用するソフトにより大幅な違いがでるようで、 Final Cut pro X はAMDのが早いという話もききました。

まあ自己満足ワールドですが、性能的にはいい感じに見えます。
 
 
追加購入のケースと電源については、後日別途記事にする予定なので今日は紹介だけ。

SAMA 左側面がフルアクリルパネル(透明)のATXマザー対応ミドルタワーPCケース JAX-02W (黒透 kurosuke)という激安品で3,813円の Amazonベストセラー。

電源はこれまた激安「玄人志向 NEXTシリーズ 80 PLUS Bronze 600W ATX電源 KRPW-N600W/85+」で5,916 円。
 
 
そして温度測定。

起動直後のCPU温度が 35度。ネットみたりエロ動画を見て30分後の温度が 44度。

上記のようなベンチマーク終了後の温度は変わらず44。

ケースに標準装備の後方排気ファン✕1個。全面にファンを1個装着その他特になくて上記温度でした。

特に問題はなさそうな感じですね。光るファンとかつけようかと思ったのですが(笑)。

あとはメモリー増設等をおいおい。
 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

DaVinci Resolve 12.5.5でプロキシ編集してみた

前回の記事「Dell Inspiron 17 5000 (5767) を SSDにしてみた」で書いた

記事を読む

ワコム Intuos Creative Stylus 2 と Bamboo Paperを iPadでお試し

アイデアを考えるときに手を動かすっていうのは、非常に有効だったりする訳ですが、とにかくApplePe

記事を読む

BMD VIDEO ASSISTの設定と Utilityでファームアップしてみた

お試し撮影する前に、全体的な印象やら設定値の変更やらをしながら気がついた点を少々。 電源ボタン

記事を読む

Davinci Resolve 15.2で書き出して Final Cut Pro Xで読み込む

BlackMagicDesign URSA mini 4.6K EF 販売中! URSA

記事を読む

Blackmagic Design ポータブルレコーダー Video Assist が届いたので開封・設置

違っているかもしれませんが、一応気になって自分なりに調べた結果のメモ。 GH4(内部収録:4K

記事を読む

Comment


  1. あきらけい より:

    うちは、最初期型のバケツMacの安い方(メモリーは16GB)ですが、それよりは全然早いですね。
    重い処理はさせていないので、あまり不満はないのですが、同じLate 2013マシンとしては、ちょとショックです。(笑)
    バケツMacって、グラボ換えられるんだっけか?
    Mac Pro (Late 2013)
    Single-Core Score 3928
    Multi-Core Score 14149
    AMD FirePro D300 2048 MB
    OpenCL Score 71234

    • admin より:

      こんばんは ベンチ数値のご紹介ありがとうございます。
      考えてみると Mac pro もそれほど割高ではないように感じます。
      ちなみに表示は2013ですが私のは最新マシンです。わかりにくくてすいません^^;
      バケツマックは…よくわかりません^^;

      でもマックのほうが使いやすいなぁ

      • あきらけい より:

        そうですよね。
        新しいモデルですよね。
        なんでLate2013って出ちゃうのでしょう?
        最近、Winノートを買ったのですが、やはりMacの方が使いやすいと感じます。
        使い勝手というか、表示フォントの状態が。。。。。

    • admin より:

      表示がおかしいのはゴニョゴニョしたやつだからです。
      私も今年のはじめかに Winノートを買いました。半年であきらめました(笑)
      ソフトが立ち上がってしまえば、それほど違いはないのですが、OSの設定関係が未だに良くわかりません。慣れでしょうけどねぇ〜

  2. tvkozo より:

    次はCPUのクロックアップでしょうか?
    ウチの7700Kは4.8GHzで常用しております、はい。

    • admin より:

      おおー やったこと無いけど簡単なんでしょうか?
      安定してますか? やってみたい〜

  3. tvkozo より:

    ウチはASUSのMBを使ってますので、ツールでサクッと上げてます。かなりハードに使ってますが、おかげさまでまだCPUが根を上げたことはありません。
    GIGABYTEのサイトを見る限り、オリジナルツールでサクッと上げられそうな感じすね(^_^)
    クロックアップはくれぐれも自己責任で。

    • admin より:

      ありがとうございます。早速勉強して遊んでみます。
      昔はBIOSで電圧上げてたような気がしたけど、今ではソフトなんですねー壊さないように気をつけます(笑)

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

軽量レバーロック式三脚を物色する美少女

旅行用三脚として活躍しているのは GITZO GT1542T と KT

激安中華な Bluetooth 5.0 イヤホンを買ってみたけど便利ね

前から気になっていた Bluetooth 5.0 イヤホン。 耳

2018年に購入したもので最も良かったものはミニスライダー

あけまして おめでとうございます 2019年 第一発目にご紹介す

Final Cut Pro X 用の無料 Calloutsプラグイン13種&12種がいい感じ

すっかり Final Cut ネタが続きますが皆様いかがお過ごしでしょ

Final Cut Pro X用 無料のオススメプラグイン = SliceX Free を試してみた

Final Cut Pro Xを使っていて一番不満なのがトラッキング関

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑