*

動画撮影時に使う MatteBox(マットボックス)を検討してみた

公開日: : DSLR

雪に反射する日差しが眩しい午後。野外で撮影するときにマットボックスは必需品だと思いました。何しろかっこいいしハッタリがバリバリきく。そこで今回は購入前の検討(妄想)編。

まずは、みんな大好きアマゾンで検索してみる。リンクはアフィなので購入よろしく(笑)

スクリーンショット 2014-01-07 21.07.50
Koolertron DSLRカメラマットボックス Matte Box for DSLR Canon 550D 500D 60D 50D 40D 5D,5D2 5D3 1Ds, Nikon D700 D300 D90 D7000 D5000 D3100 D3000,Fuji, Olympus,Pentax SLR DSLR DC

3,000円弱。安いけど….なんかプラスチック100%の、まるで子供のおもちゃみたいに見えるんだけど。しかし安い!単なる日除け?だと考えればこんなもんか?

スクリーンショット 2014-01-07 21.10.15
koolertron コンパクトプロビデオカメラ マットボックス  Compact Pro Professional Video Camera Matte Box For 15mm Rod Follow Focus Rig DV 4×4 Rotatable Filter For Canon 550D 500D 600D 1100D 60D 50D 40D 5D 5DII 5DIII Nikon D300 D5100 D3100 D3000 D5000 D90 D7

一気にお値段が上がって1万5千円程度。買えない値段じゃない。こちらは見た目もしっかりしていて、なんとなく金属板って感じ。2個の 4×4フィルタ(1固定、1回転可能)をサポートらしい。よさそうだけど横の日除けが調整できないタイプ。

スクリーンショット 2014-01-07 21.13.54
koolertron コンパクトなプロフェッショナルビデオカメラマットボックス Compact Pro Professional Video Camera Matte Box For 15mm Rod Follow Focus Rig DV 4×4 Rotatable Filter For Canon 550D 500D 600D 1100D 60D 50D 40D 5D 5DII 5DIII Nikon D300 D5100 D3100 D3000 D5000 D90 D7

そして再び価格は上昇し2万4千円。赤いポイントが印象的な製品。しかし「1 filter tray, supporting 4×4 filters」と、こちらはフィルター1枚。

Googleでマットボックスを検索するとショッピングタブには、数千円から数十万円と、すごい値幅の製品が並んでいる。いったいなにがあったのだろう?ということで、私なりに調べたマットボックスのポイントをまとめてみます。一応DSLR用ってことで。

1)ブランド 品質 耐久性 材質
2)レールへの取り付け方法
3)フィルターの枚数と回転
4)サイドの日除け(フラッグ)の幅調整
5)大きさ・ルックス

以上が主な違いらしい。私の選択基準としては、

(1)のブランドにはこだわらないが、品質や耐久性はどうせ使ってみないとわからない。材質的にはカーボンとかもあってカッコイイけど高すぎるので却下。

スクリーンショット 2014-01-07 21.24.15
http://jp.red.com/store/products/red-pro-mattebox
こんなのカッコイイけど16万ですよ?買えます?日除けに16万(T_T) かっこいいから欲しいんですけどね。

(2)レールの取付は大きく分けて2種類。直付けとスイング式。スイング式はレンズ交換しやすいというメリットがあるらしい。でも、その分高いし重そうに見えたりもします。微妙な差ですがこだわるほどのこともなさそう。下がスイング式です。

スクリーンショット 2014-01-07 21.28.37
Koolertron Professional HD DSLR Portable Matte Box With Dual Filter+Rigs Trays for 15mm Rod System For Canon 550D 500D 600D 1100D 60D 50D 40D 5D 5DII 5DIII Nikon D300 D5100 D3100 D3000 D5000 D90 D7000 D700 J1 V1 「By KLDEALS」

(3)フィルターの枚数と回転ですが、これは全く入らないものと1枚のものと2枚のものがあるようです。もっと沢山入るものがあるのかどうかは知りません。でもなんで何枚も入れるのか?調べてみると「PLフィルターとハーフグラデーション」というケースやグラデーションの方向を調整する(回転機能)とか、フィルターテクニックが色々あるようです。

http://aska-sg.net/filter_tech/cokin/filter-cokin-01.htm

NDフィルター2枚入れて回転っていう技もあるような、聞いたことあるような無いようなきもするので、ここではフィルター2枚と回転機能は必須としておきます。

L.C.W. Fader ND Digi Pro-HD—- 4×4インチでFader NDになるようです。高すぎるけど(T_T) CPLフィルター2枚でも可能という情報も!

http://www.bhphotovideo.com/c/product/833343-REG/Cavision_FTG4X4PLC_4_x_4_Circular.html

3枚入るかっこいいのありました。CHF 3,175.00 12万円程度?
スクリーンショット 2014-01-07 21.40.26
http://www.innocinema.com/eu/operators-blog/bright-tangerine-matte-boxes-available-at-innocinema/

(4)上の写真を見比べてみるとわかりますが、本体の横につけるフラッグが調整できるようになっているものと、単なる1枚ってものがあります。なんだかよくわからないけど、ここは調整できる方がいいでしょ?ってことで。

(5)最後は見た目です。私が最も重視するポイントです。

マットボックスの画像だけ見ていても、実は大きさが把握できません。というか、とても大きく大げさすぎるように見えてしまいます。画像検索してみると、Genusが小さめで良さそうですが灰色ってのがちょっと。おまけに高い。

Genus Matte Box on Canon 5D
スクリーンショット 2014-01-07 21.51.51
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Canon_5D.jpg

PROAIM MB-600ってのも小さくてかっこいいけど灰色….でも2万で買えそう。
スクリーンショット 2014-01-07 21.54.23
http://www.flickriver.com/photos/martijnfoto/sets/72157623565750063/

中華な製品もあるけど大きいしネジがプラスチックだったり…

まとめです。

できるだけ小さくて軽そうなもの。横のフラッグは調整可能。フィルター2枚。フィルター回転可能。できるだけ金属製。価格は2万円以下。

3日ほど検索して条件を満たす製品を発見。発注しました。届いたら紹介します。


Sponsored Link


 
 

関連記事

SMALLRIG Easy Plate 1598 でカメラの上下位置を調整

連休中に SONY α6300を持ちだして、カッチリ撮影テストする予定です。なのでたまには違う話題と

記事を読む

edelkrone FocusONE PRO の第一印象

おかげさまで初めての市議会議員に当選しました。本当にありがとうございました。嘘です(笑)友達が当選し

記事を読む

Cavision 4 x 4″ Circular Polarizer Filter を開封してみた

デジタルカメラで動画を撮る場合に必要なのがNDフィルター。激安の物をいくつか試してみたけど、やはり値

記事を読む

思わずポチってしまいそうな旅用スライダー中華激安品

山形産米の新品種「山形112号」が美味しいと。地方が生き残るには「お米」は有望ですよね。というわけで

記事を読む

福島原発事故の放射能が2年の放置期間を経て除染完了

2011年3月から既に2年以上経過。やっと除染作業が完了しました。専門的なことはわからないけど、雨な

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

激安中華な Bluetooth 5.0 イヤホンを買ってみたけど便利ね

前から気になっていた Bluetooth 5.0 イヤホン。 耳

2018年に購入したもので最も良かったものはミニスライダー

あけまして おめでとうございます 2019年 第一発目にご紹介す

Final Cut Pro X 用の無料 Calloutsプラグイン13種&12種がいい感じ

すっかり Final Cut ネタが続きますが皆様いかがお過ごしでしょ

Final Cut Pro X用 無料のオススメプラグイン = SliceX Free を試してみた

Final Cut Pro Xを使っていて一番不満なのがトラッキング関

WIGGLE TEXT – ブルブル震える文字をファイナルカットで作る

みんな大好きブルブル振動。 そこで今回はファイナルカットで出来る

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑