*

NATIVE INSTRUMENTS MASCHINE のお勉強

公開日: : 最終更新日:2013/06/07 DTM ,

ガッツりとExpansionsでパワーアップしたMASCHINEを一からお勉強してみる。内容は間違いが多いと思うので覚悟して参考にしてみてください。一応 MASCHINE MIKRO MK2 でのお話です。

最初にパソコン側(ソフト側)の概要

左上にはブラウザ。ここで音色などを探しだして16個のパッドに割り当てる。音やキットを絞り込むためのボタンが上部にならんでいる。

クイックスタートマニュアルにはMASCHINE側(機械側)での操作方法が書かれているが、これってとっても面倒。パソコン側でやったほうが断然簡単。よってMASCHINE側のやり方はスルーしておくことにした。

2222222q

まずは左上の部分「Disk」そして「二重丸」「青四角」「オレンジ四角」「ボツボツ」「ピアノ」「FX」「音」とボタンが並ぶ。正式な呼び方は…

DISKを押すとファイルブラウザみたいなのが現れる。ここからwavファイルなどを呼び出してパッドに割り当てて演奏できる。

333332

右側にあるドロップダウンメニューでドライブの切り替えも可能。割り当てるパッドは、MASCHINE画面右下部のパッドが並ぶシーケンサー部で選択状態にしておく。(下図では「9」番のパッドに「Lead 03 A 128 BPM」を割り当ててみたところ

444444

DISKボタンをもう一度押すと最初の画面に戻る。続いて「二重丸」を押して見る。ここではプロジェクトを選択できるようだ。

5555

ともかく、「二重丸」を押すとBANKの所にはインストールしたフォルダ単位でジャンル分けされた項目が並ぶ。BANK TYPE SUBTYPE と階層フィルタのようになっていて、これらをクリックし指定することで下部のRESULTに並ぶ内容が変化する。そこでダブルクリックするとうロジェクトが読み込まれる仕組み。
 

ここでMASCHINE全体のおおまかな考え方をまとめてみる

基本として16個のパッドがある。それぞれに音を割り当てる。割り当てた組み合わせは8タイプ可能。演奏データのMIDI打ち込みが16パターン可能。この組み合わせを56種類並べることが可能。

プロジェクトとはサウンド、インストゥルメント、エフェクト、設定内容、全アレンジ内容を含んでいる一番大きな組み合わせ。

キットとはサウンドとパターンの組み合わせと考えれば良さそう。つまりキットはプロジェクトに含まれていると理解している。けど違うのかな?

わかりずれぇぇぇ

でも理解すれば簡単。言葉で説明が面倒なだけ。

続く


Sponsored Link


 
 

関連記事

59,000円くれるって言うからauひかりに変えてみた

フレッツ光の2年縛りで割引しますよ電話がウルサイのでひかり電話を解約しようかと思っていたら、auひか

記事を読む

no image

Native Instruments REAKTOR、RAZOR 等が20日までのセール

期間限定で REAKTOR 5 を¥9,800。RAZOR・SKANNER XT・REAKT

記事を読む

Native Instruments KOMPLETE 11 アップグレードしてみた

昨晩は雪が少しだけ降りました。朝起きたら一面真っ白だった(そうです)。どおりで寒いわけだ。 い

記事を読む

MASCHINEのデータをMIDIとしてドロップすると

MASCHINEのデータをCUBASEにドロップしてみたけど、どうもおかしいぞ?という検証の経過です

記事を読む

59,000円くれるauひかりが開通したのでスピードテスト

工事の人が来て光回線の切り替えとNTTの端末を持って帰っていきました。1Gで早いと聞いていたので期待

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

DJI Osmo Mobile 2 を少し使ってみた感想など

BlackMagicDesign URSA mini 4.

DJI Osmo Mobile 2 の少しディープなレビュー

DJI Osmo Mobile 2 を選んだのは「アクティブトラック」

スマホ用ジンバル比較=DJI OSMO mobile2 vs ZHIYUN Smooth 4 vs MOZA mini-mi

さて! 聞いて気になる見て欲しくなる。うれし恥ずかしスマホ用ジンバルの

【実験】Neewer 37mmクリップオンND 2-400 NDフィルタークリップ付きの性能を確認

前回の記事「FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

俄然! iPhoneの有効活用が気になり始めました。 前回プレビ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑