*

到着!コシナ フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95 Type II

公開日: : 最終更新日:2016/01/03 DSLR

結局手持ちのレンズで普通にフォローフォーカスできるもの(非電子フォーカス)がありませんという話の続き。CANONのレンズを SpeedBoosterすることも考えましたが、こちらはNAB後に検討するとして、まずは順当にNOKTON様!

すっかり某氏に背中を押されました(ひとのせいにするw)。どうせ買うんだから早く買って楽しんだほうがいいよなって(イイワケするw)。買ってしまえば物欲も収まるよ(きっと次がくるw)。ちょっとボケボケのレンズでやってみたいムービーのアイデアもあったので(やっとそれらしい理由が見つかるw)ポチっと!やってしまいました。

IMG_0076

別にJKをボケボケで撮影して「ほら〜おじさんのは違うでしょ〜イヒヒ」とかいうアイデアではありませんので予めご了承ください^^;

IMG_0075

しかし世の中便利になったもんで、注文すると番号入れるだけで商品があっという間に届きます。お金が実際に動かないので支払いの感覚が麻痺しているような気がしますが。残高を見ると確実に凹みます(笑) まあレンズといえばいくらでも高いのはあるわけで、そこから比べればそれほど高額ってわけでもないぞ!と言い聞かせて折れそうな心を支え。

とは言え9万円ですよ? 9万あれば deriヘル行って…(略。

購入にあたっては、17.5mmを買うか最後まで悩みました。決め手は想像しているアイデアを考えて25mmを選択。17.5mmよりボケやすいだろうというのもひとつ。マイクロフォーサーズであまりボケない広角ばっかりだったこともあり反動なのかもしれません。

IMG_0077

まあ17.5mm以外にも10.5mmとかも売りはじめるみたいなんで、これらもそのうちウヒヒしそうで怖い。広角寄りはNOKTONで揃えて中望遠はメタボーンズかなぁ〜とか、もうひとつ中望遠あたりの単焦点で揃えれば完成かなぁ〜とか色々妄想することにして、今夜は抱いて寝ます(笑)

IMG_0078

というわけで、よだれでベトベトになる前に、定番ですがひと通り内容チェックしてみます。改めて、届いたのはCOSINA フォクトレンダー 単焦点レンズ NOKTON 25mm F0.95 TypeII Micro Four Thirds マイクロフォーサーズ対応 232044です。絞りがカチカチしない Type2にしました。高かったからいいのかな?っていう理由でこちらw 気分的にはカチカチするのが良かったけどなんとなく^^;

箱はシンプルで大人な香り。特別恒久な感じではありませんがゴテゴテしてないのは好印象です。箱を開けると補償書類が登場、そしてチョット新鮮な発泡スチロールで梱包されています。

IMG_0079

付属品は本体とレンズキャップ前後、フードとフードにもキャップ。フードの先端もネジが切ってあってフィルターなどがはめられるみたい。一応重量測定してみる。

IMG_0081

ずっしり重い452g。ピントリングはかなりの重さでねっとり動きますね。そして絞りはクリックとクリックなしが切り替えられる仕様です。

IMG_0080

画像の矢印の先の小さい点が黄色だとクリックなし。矢印先端部分のリングをレンズ側に押しながら180度回転させるとクリック式の白い丸になります。触った感じはクリック式のがいいなぁ〜

IMG_0082

そして最後に背中を押したのが「最短撮影距離/0.17m」という性能。まるでマクロみたい。これだけ寄れてF0.95なら立派なボケボケRou人ですね。

IMG_0083

KING レンズクリーニングティッシュ 50枚入り 個装 ノンアルコール&ウェットタイプ PSCL50N 79583でプロテクトフィルターをフキフキして綺麗にしてから装着。私は安心男のマナー「被せる派」ですから。

IMG_0074

しかしビデオ雲台で悩んでいるのに、いきなりこんなの買っちゃって^^; 動画撮影の仕事でも受けて稼ごうかなぁ〜とか思うけど田舎じゃそんな需要も無さそうだし…JK歩いてないし(T_T)

P1090078

ちょっと1枚撮影してみる F0.95。いいですねぇ〜 後はドリーがちょっと気になる。マタカ^^;


Sponsored Link


 
 

関連記事

レールが交換できるウルトラポータブル Rhino Slider

懲りずにカメラスライダー探索を続けています。理想の形は持ち運べるサイズ(50cm以下)で軽量。それで

記事を読む

VARAVON Motorroid をリポバッテリーで動かしてみる

エンジンスターターでの稼働に失敗したので、これまたアドバイスいただいた Li-Poバッテリーで動かし

記事を読む

女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド

久しぶりに大きな書店に立ち寄ってみました。宛もなくプラプラ立ち読みしていて気になった書籍の紹介です。

記事を読む

やっぱりテーブルドリーもひとつ欲しいよね

NOKTONでテスト撮影したら、かなりいい感じなので、新たな物欲がフツフツと。NOKTON危険です!

記事を読む

スライダーの画角による違い

雨が降っていて夜景テストができなかったので、ちょっとテストしてみたスライダーの映像で本日はお茶を濁し

記事を読む

Comment


  1. ともぞ より:

    んっふっふっ
    最後の画像を見ると「あぁーヤッパリのくタンいいよなぁこれだよこれ」てな具合です。
    ボヤボヤだけどピンボケではない、甘々だけどしっかりしてる、数字で見ればダメレンズなんでしょうが、独特の画で改めていいなぁと思いました。
    ささ次はMマウントの「のくタン」が待ってますよ。

    • admin より:

      サクッと撮影してみたところ「キタコレ」って感じです。ただ慣れないので明るすぎるというか露出が良くわからないというか^^; 天気の悪い昼間の部屋の中でも全然ISOあげないでも撮れちゃうのは凄いですよね。そして寄れるのはやっぱり便利。
      ピント合わせの練習が必要ですが、マニュアルフォーカスもやってみると面白いです。ちょっと色々アイデアを試して広角寄りを狙うか? それとも望遠よりに進むか? 楽しんでみたいと思います。
      MマウントってMVレンズってやつなんでしょうか? 75mmF1.8とか意外に安い感じで。しかしGH3だと150mmの望遠w

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

DJI Osmo Mobile 2 を少し使ってみた感想など

BlackMagicDesign URSA mini 4.

DJI Osmo Mobile 2 の少しディープなレビュー

DJI Osmo Mobile 2 を選んだのは「アクティブトラック」

スマホ用ジンバル比較=DJI OSMO mobile2 vs ZHIYUN Smooth 4 vs MOZA mini-mi

さて! 聞いて気になる見て欲しくなる。うれし恥ずかしスマホ用ジンバルの

【実験】Neewer 37mmクリップオンND 2-400 NDフィルタークリップ付きの性能を確認

前回の記事「FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

俄然! iPhoneの有効活用が気になり始めました。 前回プレビ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑