*

NI MASSIVEの操作方法

公開日: : 最終更新日:2013/06/06 DTM

シンプルに見えるが実は奥が深い感じな Native Instruments MASSIVE のインターフェイス。焦らず少しづつ触りながらお勉強していきます。

まずは大きな全体像を確認してから、それぞれの細かい部分に進んでいこうと思います。でもその前に、MASSIVEの操作方法お約束をまとめておきましょう。

MASSIVEの操作方法の基礎

MASSIVEに限らずソフトシンセの常識としてツマミの上下ドラッグがあります。それにシフト + ドラッグで微調整が可能です。

またマウスホイールでの値変更、シフト + マウスホイールでの大きな調整幅。最後にダブルクリックでのデフォルト値の4点となります。

MASSIVEの基本3画面

まずは画面上部とその右側にある3つのボタンです。

22222

左側から「File]メニュー。その右に選択されている音色。その下にCPU使用率などの情報が幾つか表示されています。一部意味不明です。右側の3つの View ボタンで画面全体が大きく変化します。

Synth View : つまみがたくさん並んだ音作りのメイン画面。
Attibutes View : 各プリセットサウンドの情報管理画面。
Browser View : サウンドの管理・検索・読み込み画面。

順番に画面を確認しておきます。

MASSIVE の Synth View

MASSIVE で音作りを行うメインの画面になります。シンプルなシンセサイザーで見られるオシレーター部分やフィルターなどを見つけることができます。

33333

画面左側のオシレーター部分には3つのOSCとモジュレーションオシレーター、ノイズとフィードバックセクションがあります。画面中央上部には二つのフィルター部。真ん中下部にはふたつのインサートエフェクト部。右上にはアンプセクションやマスターエフェクトやEQ部など。

そして右寄りの中央に大きなスペースをとっているのが「センターウインドウ」と呼ばれている部分です。ここには多くのタブが存在しますが、8種類のモジュレーションソースと6ページの基本セッティングの大きく二種類に分けられます。

そして画面右下にマクロコントロール部となります。

次回からサウンドの作成をはじめます!
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

FL Studio サイドチェインでワウワウ言わせる(2)

FL Studio での Side chain の方法。今回はリミッター編です。第一回目のサイドチェ

記事を読む

NATIVE INSTRUMENTS MASSIVE で音作り 2

前回の続きです。ここからは操作をビデオで確認しながら進めてください。言葉で説明するのは難しいのよ。

記事を読む

NATIVE INSTRUMENTS MASSIVE で音作り

YoutubeでかっこいいDubstepのベース音を作っている動画があった。英語なのでメモってみた。

記事を読む

例の所で評判のシンセサイザー「DUNE」無料版を試してみる

Synapse Audio社のフラッグシップ・シンセサイザー DUNE。某巨大掲示板でも評判がいいの

記事を読む

NI MASSIVEのプリセット読み込み操作

MASSIVEのプリセットを読み込む方法について勉強してみます。MASSIVE用として多くのプリセッ

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

DJI Osmo Mobile 2 を少し使ってみた感想など

BlackMagicDesign URSA mini 4.

DJI Osmo Mobile 2 の少しディープなレビュー

DJI Osmo Mobile 2 を選んだのは「アクティブトラック」

スマホ用ジンバル比較=DJI OSMO mobile2 vs ZHIYUN Smooth 4 vs MOZA mini-mi

さて! 聞いて気になる見て欲しくなる。うれし恥ずかしスマホ用ジンバルの

【実験】Neewer 37mmクリップオンND 2-400 NDフィルタークリップ付きの性能を確認

前回の記事「FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

俄然! iPhoneの有効活用が気になり始めました。 前回プレビ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑