*

某インジのシグナルをEA化して改造してみる

公開日: : FX


動画は内容と関係ありません。「某インジのシグナルをEA化して改造してみる」と題してEAを改造する過程を綴る連載スタート。もちろん成績は保証されません。


某インジが意外によさそうだったのではじめて見た日記です。

最初におことわり

成績はどうなるのか、全く予想もつきません。気が向いたら終了します^^; 
大好きなトレンドフォロー系です。逆張りはナカナカね。いつまでも含み損を抱えるのはイヤなので損切りアリでナンピン無しを考えています。某インジの正体は気が向いたら何処かでこっそり公開するかも。ちなみにソースがキタナイことが予想されるので配布しません。苦情は受け付けませんがアドバイスは歓迎します。ただし当方はオジサンです。常識ある文章でお願いします。若者はスキですが横柄なガキは嫌いなのでよろしく(女性は大歓迎)。

儲かりそうな通貨の選択をしてみる

いままでの経験から、というか偏見かもしれないけどポンド系の長めの足がテクニカルにあってるような気がする。そこでこのインジを色々な通貨ペアに表示して眺めること数秒。GBPUSDの1時間足に決定。まずはグリグリチャートを遡りながらシグナルの発生と成績を目でシミュレーション。
やっぱりというかダマシがチラホラ。そこで今回は、これまた大好きな平均足をフィルタにしてみることとする。つまりポジションを持ったら、平均足がポジションと逆を向くまでホールドするってこと。普通はフィルタを見てエントリーを判断するってのが多いけど、今回のシグナルは割りと早めのサインを出すので、ホールドするかどうかの判断に使うことにする。
この辺の収支選択は経験かな?日頃から色々なインジを見つけてはしばらく表示しておいて、精度や特徴を見るようにしているのが役だっているかもしれない。でも、これが正解かどうかは検証しないとなんとも言えないんだけどね。心がけているのは、なるべく違う種類のインジを使ってみるっていう点。

さくっと書いてみる

まずは概略を。説明が必要な部分はModifyStopLoss()かな?取り敢えず利は伸ばすってことでトレーリング。ただし普通じゃつまんないので詳細は後ほど詳しく検討することにする。CheckHeikinAshi()は上下のチェック。これも後ほど詳しく。

extern int    MAGIC=20121031;
extern double LOT=0.1;
extern int    STOPLOSS=50;
double POINT=0;
int init() {
if(Digits==3 || Digits==5)    POINT=Point*10;
return(0);
}
int deinit() {    return(0);    }
void ClosePositions() { ..... }
int CountPositions() { ..... }
int OrderBuyPosition() { ..... }
int OrderSellPosition() { ..... }
void TrailingStopLoss() { ..... }
string CheckHeikinAshi() {
.....
return("BUY") ...
return("SELL")
}
string OrderSignal() {
.....
return("BUY") ...
return("SELL")
}
bool isNewBar() {
static int allBars = 0;
bool res=false;
if (allBars!=Bars) {
allBars=Bars;
res=true;
}
return(res);
}

isNewBar() でOrderSignal()がBUYかSELLだったらOrderBuyPosition()でポジる。ストップは50pips。ポジションと逆のシグナルが出たら平均足の方向を見てホールドかドテンするかを決定。
内容を理解する(EA作成の勉強)には下の書籍を読むのがオススメです。

続きが見たいと思った人は、下の拍手ボタンとか押して〜


Sponsored Link


 
 

関連記事

α6300に Smallrig SONY A6000/A6300/NEX7用ケージを付けてみる

NAB関連のニュースが沢山でてきています。 Blackmagic Video Assist 4Kには

記事を読む

VMware Fusion5 と BootcampでWin7 64bit

VMware Fusionの評価版でBootcamp領域のWindows 7 64bit を動かす。

記事を読む

DYS GM60-80T Brushless Gimbal Motor が到着!

購入から到着まで、色々問題というか行き違いのあった「DYS GM60-80T Brushless G

記事を読む

安定合格ラインな 2.43b6 自動PID設定でモデルをテスト撮影

忙しい平日がやっと終わったら曇り空な週末です。残念ですが雨も降っていないのでテスト撮影してみました。

記事を読む

BootstrapでGoogle マップを貼る方法がわかりません

Bootstrap google map で検索すると、表示の乱れをCSSで修正するテクニックは見つ

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

エレコム GRAPH GEAR NEO カメラバッグDGB-P01BKにジンバルを入れる

やっぱり高いけどEndurance (エンデュランス) カメラバッグの

エレコム GRAPH GEAR NEO カメラバッグDGB-P01BKが北の国から

一年中GWの美少女です。 Lowepro カメラリュック フリッ

MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーが届いた!

1万円弱で買えるスマホ用ブラシレスジンバルの新型 MOZA Mini-

GoPro Hero7 Black用 保護ケース アルミ合金保護フレームがいいよって話

別に大した話ではありません。 最近書くことが少ないのでたまには書

期待の新製品 MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーが発売されたみたい

教えてもらった新製品のホームページで MOZA Mini-Sが紹介され

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑