*

VMware Fusion5 と BootcampでWin7 64bit

公開日: : 最終更新日:2013/06/13 DTM

VMware Fusionの評価版でBootcamp領域のWindows 7 64bit を動かす。そして FL Studio 11を使って KORG microKEY-25BKRDを動かす!

前に挑戦して玉砕したWindows7の仮想化。今回はVMware Fusionの評判が良いことを知り試してみた。

まずはBootcamp環境の構築。前に試した時はかなり手こずった記憶があるBootcampだが、今回はかなり順調に構築できた。時間はかかるけど^^;

ほとんど画面の指示通りで完了したので詳細は領略。ポイントはWindows Supportとかいうファイル郡をUSBメモリ(WINフォーマット)に保存したこと。

最初にBootcampでFL StudioやKORG microKEY-25BKRDをセットアップしておく。これは特に問題ない。しかしBootcampは再起動が必要なので、VMwareによる仮想化となるわけだ。

VMware Fusion評価版(30日限定)をダウンロード。アカウント作成し試用版のシリアルを貰う必要がある。
登録は正直に日本語で(笑)

20130506230541dbe

メールが来るので記載されたリンクを押すとパスワード確認画面。

201305062306550a7

無事にログインできるとシリアルが書かれたページとなる。インストール時にこれを入力する。

20130506230808a7a

インストールなども超カンタン。

これでBootcamp環境と仮想環境が自由に使い分けられる。一応Bootcamp側でインストールしたFL Studioは問題なく使えるようだ。KORG microKEY-25BKRDもなんとか使用可能。大成功。

以下に問題点?というか注意点をメモしておく。そのうち解決できるといいなぁ。

1)仮想環境だとDAWがプチプチ言うこともある。コントロールパネルのハードウェアとサウンドから電源オプション、電源プランを高パフォーマンスにしておくこと。

2)MASSIVEが仮想環境とBootcampで別認証のようだ。噂だと3PCまでらしい。すでにオーバーしているようで新しい環境で使用するには、そのたびにサービスセンターで認証作業(T_T)。簡単だからいいけど。


Sponsored Link


 
 

関連記事

CUBASE7からMIDIでFL STUDIO11へ

CUBASE7のコード機能が便利なのである程度作ってからFL DTUDIOへMIDIで移動してみたら

記事を読む

FL Studio サイドチェインでワウワウ言わせる(2)

FL Studio での Side chain の方法。今回はリミッター編です。第一回目のサイドチェ

記事を読む

VMware Fusion5 購入

VMware Fusion5 が好調なので購入してみた。驚いたのはダウンロード直販よりもアマゾンパッ

記事を読む

FL Studio でDubstep のサンプル無料ダウンロード

カッコイイVSTプラグインのシンセサイザー HARMOR。FL Dtudio を作っている Imag

記事を読む

MacBook proを修理(15万円)するか Windowsノートを買うか悩む

すっかり更新がスローペースになってます。 その一つの原因にメインで使っていた MacBook

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

エレコム GRAPH GEAR NEO カメラバッグDGB-P01BKにジンバルを入れる

やっぱり高いけどEndurance (エンデュランス) カメラバッグの

エレコム GRAPH GEAR NEO カメラバッグDGB-P01BKが北の国から

一年中GWの美少女です。 Lowepro カメラリュック フリッ

MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーが届いた!

1万円弱で買えるスマホ用ブラシレスジンバルの新型 MOZA Mini-

GoPro Hero7 Black用 保護ケース アルミ合金保護フレームがいいよって話

別に大した話ではありません。 最近書くことが少ないのでたまには書

期待の新製品 MOZA Mini-S スマホ用スタビライザーが発売されたみたい

教えてもらった新製品のホームページで MOZA Mini-Sが紹介され

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑