*

VMware Fusion5 と BootcampでWin7 64bit

公開日: : 最終更新日:2013/06/13 DTM

VMware Fusionの評価版でBootcamp領域のWindows 7 64bit を動かす。そして FL Studio 11を使って KORG microKEY-25BKRDを動かす!

前に挑戦して玉砕したWindows7の仮想化。今回はVMware Fusionの評判が良いことを知り試してみた。

まずはBootcamp環境の構築。前に試した時はかなり手こずった記憶があるBootcampだが、今回はかなり順調に構築できた。時間はかかるけど^^;

ほとんど画面の指示通りで完了したので詳細は領略。ポイントはWindows Supportとかいうファイル郡をUSBメモリ(WINフォーマット)に保存したこと。

最初にBootcampでFL StudioやKORG microKEY-25BKRDをセットアップしておく。これは特に問題ない。しかしBootcampは再起動が必要なので、VMwareによる仮想化となるわけだ。

VMware Fusion評価版(30日限定)をダウンロード。アカウント作成し試用版のシリアルを貰う必要がある。
登録は正直に日本語で(笑)

20130506230541dbe

メールが来るので記載されたリンクを押すとパスワード確認画面。

201305062306550a7

無事にログインできるとシリアルが書かれたページとなる。インストール時にこれを入力する。

20130506230808a7a

インストールなども超カンタン。

これでBootcamp環境と仮想環境が自由に使い分けられる。一応Bootcamp側でインストールしたFL Studioは問題なく使えるようだ。KORG microKEY-25BKRDもなんとか使用可能。大成功。

以下に問題点?というか注意点をメモしておく。そのうち解決できるといいなぁ。

1)仮想環境だとDAWがプチプチ言うこともある。コントロールパネルのハードウェアとサウンドから電源オプション、電源プランを高パフォーマンスにしておくこと。

2)MASSIVEが仮想環境とBootcampで別認証のようだ。噂だと3PCまでらしい。すでにオーバーしているようで新しい環境で使用するには、そのたびにサービスセンターで認証作業(T_T)。簡単だからいいけど。


Sponsored Link


 
 

関連記事

MacBook proを修理(15万円)するか Windowsノートを買うか悩む

すっかり更新がスローペースになってます。 その一つの原因にメインで使っていた MacBook

記事を読む

FL Studio でオートメーションをまとめてみた

FL Studio 11でオートメーションを書く方法をまとめてみた。間違いがあったらやさしく教えてく

記事を読む

FL Studio サイドチェインでワウワウ言わせる(2)

FL Studio での Side chain の方法。今回はリミッター編です。第一回目のサイドチェ

記事を読む

FL Studio の BassDrum を素人がいたずらしてみた

FL STUDIO 11 の新プラグイン「BassDrum」を学ぶ初心者の巻。 BassDru

記事を読む

アルカスイス互換の激安クイックリリースクランプを試す

デスモンドクランプ DAC-01 ネジアダプター付 【並行輸入品】 という激安のアルカタイプクランプ

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

GoPro HERO7 Black 〜 インフルの熱で異常行動か?

何故か記憶に無いのですが GoPro HERO7 Blackが届きまし

軽量レバーロック式三脚を物色する美少女

旅行用三脚として活躍しているのは GITZO GT1542T と KT

激安中華な Bluetooth 5.0 イヤホンを買ってみたけど便利ね

前から気になっていた Bluetooth 5.0 イヤホン。 耳

2018年に購入したもので最も良かったものはミニスライダー

あけまして おめでとうございます 2019年 第一発目にご紹介す

Final Cut Pro X 用の無料 Calloutsプラグイン13種&12種がいい感じ

すっかり Final Cut ネタが続きますが皆様いかがお過ごしでしょ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑