*

MASCHINEのデータをMIDIとしてCUBASEにドロップしたの

公開日: : 最終更新日:2013/06/12 DTM

慰安婦問題にも言いたいことはあるけど。一応解決編です。

はじめに前回も書いたおかしい(俺の操作がおかしい可能性も大)動きを確認します。まずはMASCHINEを「プロジェクト」「トラックを追加」「インストゥルメント」で読みこみます。

1ddddddds

MASCHINE側で作業して、仕上がったデータをMIDIとしてCUBASEに貼り付けます。

2ssssss

貼り付けのオプション設定は次の通り。

555555555

ドロップしたのはCUBASE側の1つだけあるトラックの部分。

3ffff

それぞれのパーツごとにトラックができます。この状態で再生に問題はありません。下図のようにMASCHINE側の音がならないようにして再生音を確認しました。

444444444jjjjj

これを保存して再度開いて再生するとキック音(一番上のトラックの音)しか出ません。

全てクリアして次の実験をしてみます。再度MASCHINEをトラックを呼び出します。

5555ttttt

同じようにMASCHINE側で作業して次の設定でドロップします。

777777_20130520230402

するとすべてのパーツがひとつのトラックに読み込まれます。

6666666g

中身は下図の感じ。このファイルは保存して再読み込みしても、問題なく音色が出ます。しかし、これだと後々調整が面倒なので、できればバラバラに読み込みたい。

8888888

同様に最初から、今度はドロップする位置を何もない行(下の方)にして試してみると、保存する前から正常な音色で再生されませんでした。

0000111

そしてもう一つ実験。

「デバイス」から「VSTインストゥルメント」を選択しMASCHINEを指定。

0222222

確認ダイアログが出たけど意味がよくわからないので「作成」で作業。

03333333

このファイルはバラバラのトラックで読み込まれます。そして保存して開いても問題がありませんでした。

今回の挙動を理解できていませんが、もっと細かい設定が出来るようなので、もう少し慣れたら試してみたいと思います。

とりあえずのご報告。(誰に?)


Sponsored Link


 
 

関連記事

来てしまったのね?Native Instruments MASCHINE MIKRO MK2

夏セールを待ちきれずにオーダーしてしまいました。 MASCHINE MIKRO MK2

記事を読む

MASCHINE Electric Vice を追加してみる

ひと通りKitを聞き終えて、さっそくEXPANSIONを購入してみた。 購入前にメールで届いて

記事を読む

MASCHINE エフェクトとオートメーションの使い方

適当に音を選んでノリノリで叩きまくっているだけでも楽しい Native Instruments MA

記事を読む

例の所で評判のシンセサイザー「DUNE」無料版を試してみる

Synapse Audio社のフラッグシップ・シンセサイザー DUNE。某巨大掲示板でも評判がいいの

記事を読む

Glitch – 無料のVST プラグインを試す

気になっていたエフェクターを入れてみたので記録しておく。 インストールしたのは無料のVSTプラ

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

DJI Osmo Mobile 2 を少し使ってみた感想など

BlackMagicDesign URSA mini 4.

DJI Osmo Mobile 2 の少しディープなレビュー

DJI Osmo Mobile 2 を選んだのは「アクティブトラック」

スマホ用ジンバル比較=DJI OSMO mobile2 vs ZHIYUN Smooth 4 vs MOZA mini-mi

さて! 聞いて気になる見て欲しくなる。うれし恥ずかしスマホ用ジンバルの

【実験】Neewer 37mmクリップオンND 2-400 NDフィルタークリップ付きの性能を確認

前回の記事「FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

FiLMiC pro 〜 iPhoneで動画撮影本気モード

俄然! iPhoneの有効活用が気になり始めました。 前回プレビ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑