*

MASCHINEのデータをMIDIとしてCUBASEにドロップしたの

公開日: : 最終更新日:2013/06/12 DTM

慰安婦問題にも言いたいことはあるけど。一応解決編です。

はじめに前回も書いたおかしい(俺の操作がおかしい可能性も大)動きを確認します。まずはMASCHINEを「プロジェクト」「トラックを追加」「インストゥルメント」で読みこみます。

1ddddddds

MASCHINE側で作業して、仕上がったデータをMIDIとしてCUBASEに貼り付けます。

2ssssss

貼り付けのオプション設定は次の通り。

555555555

ドロップしたのはCUBASE側の1つだけあるトラックの部分。

3ffff

それぞれのパーツごとにトラックができます。この状態で再生に問題はありません。下図のようにMASCHINE側の音がならないようにして再生音を確認しました。

444444444jjjjj

これを保存して再度開いて再生するとキック音(一番上のトラックの音)しか出ません。

全てクリアして次の実験をしてみます。再度MASCHINEをトラックを呼び出します。

5555ttttt

同じようにMASCHINE側で作業して次の設定でドロップします。

777777_20130520230402

するとすべてのパーツがひとつのトラックに読み込まれます。

6666666g

中身は下図の感じ。このファイルは保存して再読み込みしても、問題なく音色が出ます。しかし、これだと後々調整が面倒なので、できればバラバラに読み込みたい。

8888888

同様に最初から、今度はドロップする位置を何もない行(下の方)にして試してみると、保存する前から正常な音色で再生されませんでした。

0000111

そしてもう一つ実験。

「デバイス」から「VSTインストゥルメント」を選択しMASCHINEを指定。

0222222

確認ダイアログが出たけど意味がよくわからないので「作成」で作業。

03333333

このファイルはバラバラのトラックで読み込まれます。そして保存して開いても問題がありませんでした。

今回の挙動を理解できていませんが、もっと細かい設定が出来るようなので、もう少し慣れたら試してみたいと思います。

とりあえずのご報告。(誰に?)


Sponsored Link


 
 

関連記事

NATIVE INSTRUMENTS MASCHINE のお勉強

ガッツりとExpansionsでパワーアップしたMASCHINEを一からお勉強してみる。内容は間違い

記事を読む

例の所で評判のシンセサイザー「DUNE」無料版を試してみる

Synapse Audio社のフラッグシップ・シンセサイザー DUNE。某巨大掲示板でも評判がいいの

記事を読む

MASCHINEのデータをMIDIとしてドロップすると

MASCHINEのデータをCUBASEにドロップしてみたけど、どうもおかしいぞ?という検証の経過です

記事を読む

Glitch – 無料のVST プラグインを試す

気になっていたエフェクターを入れてみたので記録しておく。 インストールしたのは無料のVSTプラ

記事を読む

MASCHINE エフェクトとオートメーションの使い方

適当に音を選んでノリノリで叩きまくっているだけでも楽しい Native Instruments MA

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

GoPro HERO7 Black 〜 インフルの熱で異常行動か?

何故か記憶に無いのですが GoPro HERO7 Blackが届きまし

軽量レバーロック式三脚を物色する美少女

旅行用三脚として活躍しているのは GITZO GT1542T と KT

激安中華な Bluetooth 5.0 イヤホンを買ってみたけど便利ね

前から気になっていた Bluetooth 5.0 イヤホン。 耳

2018年に購入したもので最も良かったものはミニスライダー

あけまして おめでとうございます 2019年 第一発目にご紹介す

Final Cut Pro X 用の無料 Calloutsプラグイン13種&12種がいい感じ

すっかり Final Cut ネタが続きますが皆様いかがお過ごしでしょ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑