*

マジックランタンRAW撮影テスト(後編)Mac 5D2 DaVinci MlRawViewer

公開日: : 最終更新日:2015/02/05 DSLR ,

EOS 5D Mark IVの噂が出始めているようです。期待の4Kは微妙ですが、出たらやっぱり欲しくなるんでしょうね。私的にはお安い Kissの新型に期待しているのですが、どうもね。

マジックランタンRAW撮影テスト(前編)Mac 5D2 DaVinci MlRawViewer の続きになります。前回はDaVinciの最初の部分「メディアプールのMaster」に追加するところまで終了しました。

th_スクリーンショット 2015-02-04 14.36.38

なんとなく色が暗いし緑だし、ちょっと不安ですがこのまま行きます。お勉強した範囲では、DaVinciは画面下の部分にある4つのアイコンの順番に作業するというのが全体の流れ。メディアの作業が終わったので次のエディット画面に進みます。

th_スクリーンショット 2015-02-04 14.38.02

エディット画面の左上の「メディアプール」を押すと、先ほど登録した動画データが出てきます。これを画面中央下部の「タイムライン」に並べていきます。ここは Final Cut みたいな雰囲気。ただし、最初に「新規タイムライン」でタイムラインを作らないと並べられません。

th_スクリーンショット 2015-02-04 14.45.06

上図の黄色い矢印のアイコンを押すか「ファイル」メニューの「新規タイムライン」を選んでタイムラインを使いします。

スクリーンショット 2015-02-04 14.47.38

適当な名前を付けて他はそのままで「新規タイムラインを作成」ボタンを押します。

th_スクリーンショット 2015-02-04 14.47.45

画面に黄色矢印のような部分が現れます。これで準備完了。右下の部分にメディアプールから素材を並べていきます。

th_スクリーンショット 2015-02-04 14.53.18

図の1をダブルクリックすると2の部分に画面が出てきます。3が並べたタイムラインです。本来であればここで編集を行うのですが、今回はとりあえずパス^^; 書き出しにワープします。

スクリーンショット 2015-02-04 22.00.44

書き出すには画面下部の4つのアイコンの一番右のデリバーを押します。そして左上のレナー部分を設定していきます。

スクリーンショット 2015-02-04 22.00.44 2

まずは「プリセット」から「Final Cut Proに書き出す」を選択します。下の部分が自動で QuickTimeとか Apple ProRes 422HQ といったものに変わります。

スクリーンショット 2015-02-04 22.08.33

下の方にスクロールすると「ファイル」という部分が出てきます。ここにある「ブラウズ」ボタンを押してファイルの保存先を設定します。

スクリーンショット 2015-02-04 22.00.44 3

そしてその下の「ジョブをレンダーキューに追加」ボタンを押します。

スクリーンショット 2015-02-04 22.17.03

すると画面右上の「レンダー」欄に送られます。その下の「レンダー開始」ボタンで変換が始まります。さすがにコレは時間がかかりますが、今回の動画で3分程度。驚くほどでもないのかな?

スクリーンショット 2015-02-04 22.22.52

出来上がったファイルを見てみると….あれれ? タイムラインに並べた順番の一本の動画になっているかと思ったらバラバラ^^; まあ Final Cut に並べ直せば問題ないのですが、これはちょっと^^;

th_スクリーンショット 2015-02-04 22.29.56

そして出来上がった動画も….色が暗いし真っ青だし(T_T) DaVinciのプレビューでわかっていたのですが、やはりおかしいですね。

カメラの設定ミスなのかカメラの故障なのか? それとも マジックランタンの設定なのか MLRawViewerなのか? 原因を特定する旅に出ます。捜さないでください(涙)


Sponsored Link


 
 

関連記事

今年最後の桜撮影テスト 十王公園の桜が散り始めて綺麗

Brsuhless Gimbal の設定を調整したので、近所の公園で撮影してきました。曇り空の合間の

記事を読む

MagicLanternでRAW撮影用の設定&テスト

いくつになっても勉強!というジジくさい言葉が実感できるようになってきたような気がします。雪ばっかりな

記事を読む

アルミ製の25mmパイプ T 型コネクターとキャップ到着

持ち運びしやすい Brushless Gimbalを目指して、やっと到着したのは 25mm Boom

記事を読む

Brushless Gimbal Controller Box を作ってみた – 検討編 –

TRUSCO プロテクターツールケース XLのスポンジを切り抜いて入れようとしたらボックス部分が微妙

記事を読む

やっと来た2階建ての AlexMos Controller V3.5 Gimbal Brushless

ebayあたりで注文してみた AlexMos Controller V3.5 Gimbal Brus

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

【開封】SmallRig Drop-In Baseplate (Manfrotto 501PL QR Plate Compatible) 2006

引き続き SmallRig Universal Shoulder Pa

【開封】SmallRig Universal Shoulder Pad 2057

最初にお断りしておきますが、いわゆる「単なる開封」記事です。予めご了承

【雑談】URSA mini の設定確認とか安物時計を貰った話

寒くなってきましたがスッキリ晴れ渡る日曜日。久しぶりに予定もなくノビノ

URSA mini & Filmconvert アップデート祭り

いつものように雑談更新。今更お断りすることも無いとは思いますが、今回も

SONY α6300 24p 30p 60p 120pで画質比較

世間では黒金とか言うケシカラン状況になっています。 浮かれポンチ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑