*

4K動画を快適に編集するための自作PCパーツリスト

公開日: : Windows

コメントを専用ページで投稿順に表示するにはPHPでテンプレートを作るしか方法が無さそうです。時間のある時にやってみようと思っています。しばらくお待ち下さいませ。

現在、新しいPCを購入するために色々調べています。都合でノートPCなのは絶対条件。keynoteを使いたいので MacBookが第一候補です。Windowsだとソフトも新規購入になるので、まあ仕方ないというか Windows っていつもバージョンアップで再起動が面倒というか。

しかし!

4K動画を編集するには若干心もとないのが現実。そこで今回は4K動画が普通に編集できる!(もちろん超快適とまではいきません)パーツリストなどを紹介します。

もちろん原稿は例のごとく「調整信号。」さん提供(爆)だってそもそも4Kカメラを持っていませんので^^;

と、前振りが自分で紹介するような書き出しでしたが、今日もまたお世話になってますモードな記事です。調整信号さん、どうぞ〜
 


 
4Kの編集ってハードル高そうですね。
そこで調整信号。で自作し、いつも使っているパソコンとほぼ同じ構成でパーツリストを作りました。

これで4K編集が普通にできます。(とても快適とまではいきませんけど)普通にというのは時々、多少の待ち時間もありうる程度です。もし快適に編集となればCPUやSSDに予算追加となります。(20万円アップくらい?)

セット購入割引とかセールを上手く利用すればもう数千円安くなると思います。上手くいくと14万円前半で4K編集パソコンが手に入ります。

尚、ビデオ編集ソフトはEDIUS Pro7(最安値66,487円)もしくは筆者がメインで使用しているのはSONY VegasPro12.0 EDIT(最安値47,540円)合計で約19万円~21万円の予算です。

モニターはフルHD解像度のものが最低でも1台あれば大丈夫です。
できれば2台あると効率よくビデオ編集が出来ますよ。
マウスやキーボードは余っているもので。

自作に自信ない方は詳しい人に缶コーヒー数本で頼むか、初心者向けの「自作パソコンの作り方解説本」でじっくり勉強すれば難しくないです。ブラシレスギンバルの組立配線よりも簡単です。

自作で注意する点として

1配線でショートさせない(マザーボードなどの配線図はしっかりと読むこと)
2パーツを一瞬で壊す静電気(事前に金属のものへ触れて静電気を逃がす)
3鋭利なパーツが多いのでけがをしないように
4マザーボードに工具を絶対落とさない(一瞬で使えなくなることもある)
5金メッキの通電部分は直に触らない(もし汚したら綿棒で軽くふくこと)
6わからないまま作業を進めない(説明書やネットなどで確認できるまで調べる)
7最初の電源ONのときは神に祈る(笑)

○4K編集対応パソコン組立部品一覧(パーツの相性問題は自己責任でお願いします)

パーツについて
SSDは出来る限り安定して高速読み込みできるものを選びました。もっと安価なSSDもありますが、大容量4Kビデオデータを短時間に転送させるには難しいかもしれません。

CPUは4K編集でぎりぎり性能を満たすものを選んでいます。Core i5では4Kビデオ再生程度の性能なので選択していません。

メモリーは8GBよりも16GBの方が待ち時間短縮になります。また実際に当初8GBでやってみたところ、編集時にビデオエフェクトを入れたら書き出しが完了できなかったので16GBに増加しました。これで書き出しが出来るようになりました。

4k編集パソコン部品表

以上、調整信号さんでした。感謝感激です。ありがとうございました。

お前が書くより調整信号さんにブログ更新してもらえよ! とか思っている人、いませんか?

大丈夫です。既に私が思ってます(笑)でもね、そんなこと言わないで、温かい目で見守ってくれるのが大人の対応ですよ^^; よろしくお願いいたします。


Sponsored Link


 
 

関連記事

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど内容がわからないものなどをメモ

記事を読む

絵コンテを書くための簡単イラスト講座

オーストラリア出身のカメラマンであるピーター・リクさんの『ファントム』というモノクロ写真が650万ド

記事を読む

242b7の設定値とテスト動画

リーマン・ショックの時ほどではありませんが、それに近い感じの相場になっています。ここ2〜3年は、おと

記事を読む

Windows7のSnipping Toolで画面キャプチャ

実は最近しったのだがWindows7には標準搭載のMS製画面キャプチャソフトSnipping Too

記事を読む

NEBULA 4000 Lite Gimbal 参考動画集(追記:12/24)

先の記事のコメント欄が長くなってきたので、新たにToranekoさんに教えていただいた動画などをまと

記事を読む

【速報】Pilotfly H2 登場(発売開始)

とうとう出てきました H2 FaceBookに画像があったのでお借りして、順次分かり次第追記していき

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

【開封】SmallRig Drop-In Baseplate (Manfrotto 501PL QR Plate Compatible) 2006

引き続き SmallRig Universal Shoulder Pa

【開封】SmallRig Universal Shoulder Pad 2057

最初にお断りしておきますが、いわゆる「単なる開封」記事です。予めご了承

【雑談】URSA mini の設定確認とか安物時計を貰った話

寒くなってきましたがスッキリ晴れ渡る日曜日。久しぶりに予定もなくノビノ

URSA mini & Filmconvert アップデート祭り

いつものように雑談更新。今更お断りすることも無いとは思いますが、今回も

SONY α6300 24p 30p 60p 120pで画質比較

世間では黒金とか言うケシカラン状況になっています。 浮かれポンチ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑