*

【妄想】片手持ちハンドヘルド 3軸ジンバルスタビライザーの比較

公開日: : 最終更新日:2017/11/08 DSLR , , ,

未だに風邪が抜けません。もう一ヶ月以上…どうやら今年の風邪は長引く人が多いようです。気をつけましょう。とはいえ、ほとんど咳だけ状態になっているので、なんとか生活は可能です。

寝込んでいる間に色々検討していた撮影について、天気が良いので少々テストしてみました。簡単に記載しておきたいと思います。

(1)SONY α6300のオートフォーカスについて

走行中の自動車を並走した車から撮影する実験。DJIRONIN-Mにa6300を載せてAF具合を確認してみました。使用レンズは50mm F1.8の純正。F4程度であれば、ソコソコピントは追従してくれそうです。実験成功。

実際に撮影してみて気がついた点をひとつ。

自動車並走の場合は50mmレンズだと近すぎ。35mmかもっと広角のほうが良さそう(未確認)。前・後追いでの撮影の場合は危険なのであまり近づけないため、50mm以上のレンズでないと、かなり自動車が小さくなる。

(2)DJI PHANTOM 4 Adv.での撮影

時期が良いので紅葉を撮影しようと山間部へ。都合で早朝というか午前中に眠い目をこすって。そのため天気は良いが気温が低い状況。ドローンのモニターには「バッテリー温度が低い」というアラートが出ました。

一応飛行・撮影は可能ですが、温度が低いためアクティブトラックが使えない状況になりました。流石にバッテリーを温める方法も思いつかず…紅葉時期以降は、バッテリー温度の低下に注意。
 
 
というわけで本題です。

今回の自動車撮影において、RONIN-Mは少し大きい&少し重い! ということで、最近色々新製品が出てきているみたいなので、軽量片手持ちジンバルについて少々勉強してみます。

選定にあたり重視する点を確認しておきます。

(1) 軽い
(2) α6300 or BMPCC II(笑)を搭載
(3) SimpleBGC不可

MOZA Air 80,000円弱。ワイヤレス親指コントローラ別売り。26,800円???

本体重量 1.1kg ペイロード 2500g
グリップ制御による記録の開始/停止(BMPCC対応)
MOZAアシスタントアプリケーション
26350電池

この金額でデュアルハンドル付属は素敵。MOZAアシスタントアプリケーションで遊べる感じなのも楽しみ。カメラ搭載場所にはアルカクランプを載せるので何もないシンプルな設定なのもマル。

問題は両手ハンドル使用時のリモコンが高額らしい点。ebayでもリモコン単体が発見できず。下手すると10万円ちょっとになるかも。リモコン付属でUS $734.16というセットもあるんだけど…謎。

しかし軽量という点を考えると両手ハンドルは不要?
 
 

 
 
Zhiyun Crane V2 約70,000円
デュアルハンドヘルド手持ちグリップ 13,000円程度
リモコン 5,000程度で合計9万円弱

ジンバルボディは950g(バッテリー電池別)
ペイロード重量:350-1800g
ランタイム:6-12時間
26500リチウムイオン電池
スマートフォンAPP

対応カメラ:ほぼすべてのミラーレスカメラでMax.ペイロードレンズ:70mmレンズと言う表記。他と比べて若干積載可能重量が少なめではあるが問題にはならないであろう範囲。

クイックリリースプレート付属とあるが専用プレートのように見えるのでここは減点。アルカ互換ならプラス点なんだけど。

もしかしたらZhiyun Crane 2の影響か? 値下がり傾向かもしれないので値動きに注意。


 
 
Feiyu-Tech a2000 90,000円前後

250〜2000gの範囲であれば、モーターが自動的に適応
折りたたみ式ハンドル付き
商品重量:1067g
ダブルハンドルグリップ重量:738g
18650リチウムイオンバッテリーを2個(付属は4個?)
最大12時間の連続使用が可能
Feiyu ON APP(Android、iOSに対応)

両手ハンドル付属で両手ハンドルにもリモコン内蔵。レビューを見ると2Kgは厳しいみたい。

見た感じ両手ハンドルをつけてジンバル上部にして地面に起きやすい感じなのは良さそう。同じく本体電池部分の握りを外して両手ハンドル接続というところも、コンパクトでGoodアイデア! クイックリリースプレートの規格がマンフロット501PLのようです。

しかしいくつかの撮影サンプルを見る限り、どうも安定性に不安がある感じですがどうでしょ?


 
 
FF付きで話題の Zhiyun Crane 2 約90,000円
デュアルハンドヘルド手持ちグリップが1.4万円程度。リモコン発見できず不明。

製品純重量:1250g /ユニット
有効搭載量:500gから3200g
バッテリーランタイム:18時間(Max)
18650充電式バッテリ3個

本体のOLEDディスプレイでモードやバッテリー残量の確認が可能。ペイロード3.2kgで18時間稼働は協力。

モーターが強力すぎて軽量カメラだとブレ安いという噂が気になるが…動画でも気になる表記を発見^^; (didn’t work with SONY A6000…Curtis Judd – Zhiyun Crane 2 Gimbal Review – Youtube)。たぶんアプリで調整可能だとは思うけど。

本体装備のFFはCANONのみ対応なので私には意味なし。マンフロット(たぶん501PL)プレート式。小さいアルカにして欲しい。

以上目についた機種を確認してみました。

最近の奴はカメラとケーブルすることで録画のオンオフできるのが当然という感じ? 今後はFFが標準装備になるのでしょうか? HDMIも似た感じにしてくれるといいんだけど。

比較のために Ronin-Mの両手ハンドルを外して重量を測定してみました。約1.9kg^^; 両手ハンドル無しで倍の重さ。

以上、簡単に調べてみた範囲で一番の候補は「Zhiyun Crane V2 約70,000円」かな? 将来的にハンドルやリモコンでアップグレードも可能。よくわからないクイックリリースアダプタが残念。次点が Moza Air。リモコンが付属してこの値段であれば決定打なのですが。

もう少し撮影サンプルを見ながら考えたいと思います。どうもイマイチ安定性などを検証してくれている情報が見つかりません。

何かオススメあれば教えてください。
 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

アルミ製の25mmパイプ T 型コネクターとキャップ到着

持ち運びしやすい Brushless Gimbalを目指して、やっと到着したのは 25mm Boom

記事を読む

FL Studio サイドチェインでワウワウ言わせる(2)

FL Studio での Side chain の方法。今回はリミッター編です。第一回目のサイドチェ

記事を読む

Brushless Gimbal Controller Box を作ってみた – 検討編 –

TRUSCO プロテクターツールケース XLのスポンジを切り抜いて入れようとしたらボックス部分が微妙

記事を読む

Lipo Battery(リポバッテリー)の使用上の注意を簡単にまとめてメモ

DIY Brushless Gimbal になくてはならないものが Lipoちゃん。実はまったく知ら

記事を読む

Comment


  1. nankin より:

    Zhiyun Crane V2
    を愛用中。
    なかなかいいっすよ!
    Zhiyun Crane 2のフォローフォーカスはcannonのみらしいです。
    両手グリップはこいつ←安い
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MZ95PDM/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1
    リモコンはこいつ←安い
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B073JFXFML/ref=oh_aui_detailpage_o02_s01?ie=UTF8&psc=1
    同じアマゾンでも価格が全然違うのは・・どうしてだろう?

    使用感はOKでした。
    アプリで電動ヘッドみたいなこともできるし。
    リモコンのズームボタンはpanaだとシャッター半押しになるから
    (ケーブル必須 v2はオプション)
    ピントはグリップ持ったままでも、とりあえずきます。
    ご参考までに。

    • admin より:

      こんばんは コメントありがとうございます。
      やはりZhiyun Crane V2は良さそうですね。金額が下がってきたら考えようかと思い始めています。
      Neewerハンドル半額程度ですか!!! これは良い情報! 感謝します。

      問題は風への対応力。

      教えてもらったところによると結構弱いということなので研究中です。特に後追いの場合はモロに向かい風。この辺が心配。

      既に購入者も多数いらっしゃるようなので、色々情報収集しています。

      とりあえず、心から感謝です。

  2. koichi koichi より:

    Zhiyun Crane初代・MozaAirを使用中ですがMoza Airはスマホアプリの出来がイマイチ、といいますかPCに繋がないときめ細かい設定が出来ません。安定度はCrane v1に勝る印象ですがRollが変な挙動をし水平が保てない事もあります。ファームウェア修正でなんとかして欲しいですね。ハードウェアとしてのポテンシャルはありそうですが現状微妙な印象です。
    Crane V2は使ったことがありませんがCraneのアプリ自体の出来は良いと思います。
    ハードウェア Crane Moza
    よって使ったことがないですがCrane v2に一票てとこですね。

    • admin より:

      こんばんは〜情報感謝です。
      情報が少ない感じなAirに逝ってみようかと思ったのですが、例のリモコンの件で気持ちが萎えてしまいました。やはりCrane V2が売れているようで、安心感が高いのでしょうか?
      ソフトの出来まで考えていませんでした。ありがとうございます。
      もう少し情報収集しながら様子見しようと思っています。

      Airは風に対してどんな感じなのか? 暇が在る時に教えてください。気が向いたときで結構です。
      感謝!

  3. tvkozo より:

    Zhiyun Crane初代から順調に(?)Crane 2に移行しました。重いです、グリップ太いし(T_T)
    さすがにモーターは強力でGH5+SENNHEIZER MKE440でもモーター設定Medでブンブン振り回せます。A7SはLightに設定しようねと書いてあります。
    sonyはphoto,video,zoom,camera chargingが有効と記載されてます。panaはphoto,videoスイッチのみです(T_T)近くfocusも有効になるという話ですが…。

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討(最終)

欲しかった Kontakt 5 - Native Instrument

可変NDフィルターの色かぶりを調整する【追試あり】

しかしセキが止まりませんな。既に二ヶ月近くゴホゴホ。鼻水ずるずる。熱は

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討(動画編)

前回の「SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討」に引き

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討

最近はa6300を使う機会が増えています。そうなると6500が気になり

【妄想】片手持ちハンドヘルド 3軸ジンバルスタビライザーの比較

未だに風邪が抜けません。もう一ヶ月以上...どうやら今年の風邪は長引く

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑