*

Syrp genie mini じゃない自動回転雲台 360° 自由雲台パノラマボール付き開封

公開日: : DSLR

またまた大雪です。

寒いから家で読書していました。少し気になったのですが、本を読んでいると、そこからヒラメキみたいのがあって、頭のなかで別のことを考え始めてしまいます。なのに目は文章を追っているという流し読み状態。

これって何とか現象とかいう名前は無いのでしょうか?
 
 
で、本題(笑)

Syrp ジーニーミニ タイムラプス・ビデオ用モーションコントロール・イメージキャプチャーデバイスが40,000円もするから、激安品を試してみました。

直輸入しても300ドル弱なんで、なかなか思い切って飛び込めないSyrp genie mini様。小さくてとってもほしいんですけど。

アマゾン徘徊で見つけ「撮影自動回転雲台 360° 自由雲台 パノラマボール付き、IPhone Samsung Galaxy, GOPRO 5 4, Canon/ Nikon/ Sonny/Pentax DSLR カメラに適用 Sevenoak SK-EBH01」という、何が何だか分からない名称の製品を購入したところ、翌日からセールで激安だったのを涙しています。

思わず返品して買い直そうかと思ったけど、面倒なんで諦めて開封してみました。

本当はebayしようと思ったのですが、調べてみると価格にそれほど違いがありませんでした。

アマゾンだと詳細がわからなかったので、一応ebayで見つけた内容をメモ。

Specifications:
Brand: Sevenoak
Model: SK-EBH01 Pro
Battery Capacity: 1200mAh
Charging Voltage: DC 5V/1A
Standby Time: Over 50 hours
Max.Load Capacity: 2.0kg(Horizontal)
Max.Load Capacity: 2.0kg(30 degree slope)
Max.Load Capacity: 1.5kg(Vertical)
Max.Load Capacity: 1.5kg(Hang upside down)
Battery Charging Time: Approx.8 hours
Motor: Step Motor
Battery Life: 6 hours when the load capacity is about 1kg
Item Size: 6.5 * 9 * 9cm / 2.6 * 3.5 * 3.5in
Item Weight: 500g / 17.6oz
Package Size: 15 * 8.5 * 11cm / 15 * 3.3 * 4.3in
Package Weight: 668g / 23.6oz

到着までの時間や不具合があった場合に面倒なんで、少しぐらいならとアマゾン様にお願い。速攻翌日には到着しました。

最近の中華製品は、箱もそれなりに立派です。しかし同封のマニュアルは英語だけ。

そして中身は本体とケースとマイクロUSBケーブルのみ。電源アダプターも入っていないのは潔し。

というか、このケース。ピッタリキッチリ作ってあるので、他のものを詰め込むスペースがありません。これではアダプター類を一緒にしまうことも出来ないというダメな子。

本体の保護ケースだと割り切る必要があります。

おもむろにスイッチ・オン。ある程度充電されているようです。無事に電源が入ることは確認できました。

本体の重量は491g程度。そこそこずっしりする感じ。

サイズが意外に大きめです。

実際の運用に当たっては、このままってわけにも行かないので、雲台なんぞを上に載せたりする?

などと考えて、手持ちの空いているSUNWAYFOTO FB-44 自由雲台を載せてみたら重量級^^;

サイズ感はいいけど、これじゃ少し重すぎる感じがします。

そこで、これまた手持ちの小さめな7インチモニター(たぶんADテクノ)に付属していた雲台オン。

見た目は頼りない雰囲気になりますが、こっちのが軽くて使いやすそう。

しかしこれじゃケースに入らないので、毎回取り外し? ってのも面倒な感じがします。

気軽に持ち運んで撮影して歩きたいので、装備は出来る限りコンパクトに収めたい。

そこで、これまた空いていたクランプを直接接続。

いい感じだけど角度調整不可なのは、やはり微妙なアングル調整が手間になりそうなので却下かな?

なんて数回取り外しただけで、ネジ周りのゴムがささくれて来ました。

どうやらゴム部分の耐久性は期待できそうもありません。

とりあえず、小さめの自由雲台装着ってことで今日は勘弁しておきます。

まずは少し使ってみようと、その前に充電。

一応モバイルバッテリーでの充電が可能であることを確認。このまま運用できれば長時間も行けそうです。カメラのバッテリーが大丈夫なら(笑)

そして普通の100Vコンセントで充電開始。

充電完了で赤いランプが消えるのに4時間ぐらいかかりました。結構遅いですね。

試し撮りはまた今度。

外は雪がパラパラしてるので、防水じゃ無さそうなコイツは持ち出し危険。

晴天マチです。
 
 

空飛ぶ画質比較動画(参考)

DJI MavicPro

DJI Phantom4 Pro

 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

URSA mini 4.6K で実優ちゃんを撮影してみた感想

ほぼ一日、Blackmagic URSA mini 4.6Kを「はじめて」実践投入しての感想です。ま

記事を読む

タイムラプスで実験。シャッター速度による変化

テストする機会がなかった夜のタイムラプス。やっとチャンスが来たので、まずは実験撮影してみました。今回

記事を読む

URSA mini & Filmconvert アップデート祭り

いつものように雑談更新。今更お断りすることも無いとは思いますが、今回も特に話題はないようなのでよろし

記事を読む

今頃 SONY α6300にタイムラプスアプリケーションを購入

急に思い出して SONY a6300でのタイムラプス(低速度撮影・微速度撮影)の話題です。JJCのリ

記事を読む

タイムラプス用カメラ設定のまとめ(GH3編)

国会ではウチワだとかヤジだとかで盛り上がっているようです。税金を使って自分たちの不祥事を話し合うとい

記事を読む

Comment


  1. ともぞ より:

    ぎゃーなんか見覚えのあるサムネイルだと思えば!
    Mavicは大空を雄大に撮影するより
    https://youtu.be/4W_9yyM1Etg
    こーいう狭い所を飛ぶほうが向いてると思いますよ。

    最近はslog3のコツを掴めてきてslog3ざんまいです。

  2. admin より:

    この林の動画を見て「おーいいなー」って気になりました。
    そしたらPhantomも1インチセンサー積んだの出ていて…なかなか難しいですね(笑)

    slog3はノイジーなイメージなので2をメインにしています。
    でも3のほうがダイナミックレンジが広そうで気になりますね。
    色はホント難しい。
    私も練習します!

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

CeVIO Creative StudioがMacのWin10で認証失敗

久しぶりに更新できました。 この時期は寒くて...と言い訳から入

xismoを使ってみて覚えたところと謎なところ(追記あり)

謎と言っても私の理解が足りないだけなんですけどね^^; 一応私の

Macで MikuMikuDanceができる〜 nanoemというフリーソフト

blenderが難しすぎて挫折しかかっていたときに知った xismo

wacom Intuos ペンモデルの small (ミントブルー)がかわいい

誰がなんと言おうと美少女です! すっかり xismoが気に入って

無料3D作成ソフト xismo がすごくわかりやすい感じ

こんばんは 心は美少女です。 Blenderを使いこなす、という

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑