*

SONY α6300のピクチャープロファイルを色々調べてみる

公開日: : DSLR ,

こればっかりは好みもあるし、色々な場面で違いもあるので、絶対的なものとして決めることは出来ないでしょう。しかし、自分なりにメインとなる設定を決めて、色々使い込んでみないと、イザという時に使えないので色々試してみたいと思います。

[ForSale]でジンバル、カメラ中古品を販売中です。

 
 
教えていただいたページには色々な設定が紹介されています。凄く楽しそうなんですが、最初から色々やると混乱してしまうので、まずは本体の標準設定と微調整に絞って情報収集してみます。

AbelCine | scene-files Posts
http://blog.abelcine.com/tag/scene-files/

My Favorite Picture Profile For the Sony A7Sii, FS5, and a6300

非常に単純で、PP8のS-Log3をCine4に変更しただけみたいです。そしてガンマ表示アシストをS-Log3に変更するといい感じ。

この方は、この後のLUT・グレーディング動画も出しているので参考になります。

Sony a6300 test: S-Log2 vs. S-Log3 vs. Gamma Cine4

こちらの動画では Cine4や S-log2などとの比較をしています。結論は「明確な勝者はいないけど Cine4が少しいい感じで次点が S-Log2」という判断みたいです。

Sony A6300 Picture Profiles, Slog and LUTs

この動画では、各プロファイルのダイナミックレンジの違いがわかります。単純に D-Log3のダイナミックレンジが広いということが理解できます。

具体的な違いは次の動画で確認できます。

この動画の前半部分、Harveyさんの顔の右手側(画面では顔の左)の明るい部分に大きな違いがでています。

スクリーンショット 2016-04-16 23.35.51

時間的な差なのかとも思いましたが、後半の部分を見ると空の状態が全然違います。

スクリーンショット 2016-04-16 23.36.02

ダイナミックレンジを考えるとS-Log3とS-Log2。となると Cine4の順位が下がって、やはり S-Log2がベストな選択なのか? 

そこでもう一つ。同じように S-log2をカスタマイズしたりしている動画を発見しました。α7IIですが、たぶん同じようなものかと思い(笑)

この動画で紹介されているセッティングを引用しておきます。

PP1: “S-Log Pro” – for shoots that I want high dynamic range for and intend to grade, without sacrificing colour information. Lowest ISO is 1600.
Black Level: 0
Gamma: S-Log2
Black Gamma: Middle / 0
Knee: Auto
Color Mode: Pro
Saturation: +3
Color Phase: 0
Color Depth: R +5, G +2, B +2, C +2, M -2, Y +2
Detail: Level -2
Mode: Manual, V/H Balance: 0, B/W Balance: Type5, Limit: 3, Crispning: 3, Hi-Light Detail: 2

PP2: “The No Grader” – when there’s no need/time to colour correct.
Gamma: Cine1
Color Mode: ITU709 Matrix
Color Depth: R +2
Detail: Level -3, Auto Adjust
All other settings are default.

PP6: “The C100 Emulator”
Black Level: +2
Gamma: Cine2
Black Gamma: Wide +4
Knee: Manual, Point 80%, Slope +2
Color Mode: Pro
Saturation: -5
Color Phase: 0
Color Depth: R +3, G +1, B -1, C -4, M -4, Y +3
Detail: Level -4, Manual mode, V/H Balance 0, B/W Balance Type5, Limit 5, Crispning 3, Hi-light detail 3.

 
 
ここまで調べてみて、一つの疑問が出てきました。それは一番最初の動画で紹介している設定、 S-Log3を Cine4に変更するというセッティング。

なぜPP8なのか?PP7の S-Log2を Cine4に変更したものとは違うのか?

気になってカメラ本体のメニューを調べてみました。ところが設定項目が非常に多いので、すべてを詳細に確認していませんが、微妙に違うところが幾つかありました。しかしPP7とPP8は 「ガンマ」の S-Log2 S-Log3と「カラーモード」のS-Gamut S-Gamut3.Cineが違うだけのようにも見えます。

設定値をそれぞれコピーして使うことができるので、使わないであろうPP5にPP8をコピーして「ガンマ」をCine4へ変更。ちょっとだけ撮影して画面キャプチャ。

PP5(改) ISO800 1/60 F1.8
pp6_iso800 2

PP7 ISO800 1/60 F1.8
pp7-iso800 2

PP8 ISO800 1/60 F1.8
pp8-iso800 2

やや暗めの部分の拡大です。

ぱっと見て、PP7は暗い。PP8はノイズが多い、ディテールも荒れ気味(矢印部分を比較)。ただし飛びにくいのはPP7とPP8。これはゼブラの設定を100+にして、天井のライトにカメラを向けると、明らかにゼブラの範囲が変わることで確認できます。

pp7-iso4000 2

試しにPP7でISO4000まで上げて撮影した動画の画面キャプチャ。意外に頑張っている感じです。

つまりISOにこだわる必要はあまり無いと考えれば、やはり飛びにくいS-Log2がベスト? ただし例の色収差に注意。そしてETTRを意識した撮影ってことでしょうか? それともPP5(改)メインで屋外など明るいシーンでPP7と使い分け?

ETTR (言ってみたかったんです(笑))
https://cyta.jp/camera/b/53093

しかし過日の桜の撮影時、動画には入っていませんが、空がメインみたいなカットがありました。明るいので可変NDフィルターが強めなのも影響して、若干微妙なムラ。オマケに全体がちょっと暗すぎたので、明るめに調整すると、空のムラの部分が、すぐにひどい状態になりました(だから動画に入っていないんだけど)。

この辺は8bitだから? S-Log2の弱点?  私の感覚では、GH4のV-Log時より、明るさはシビアにならないとダメかもしれません。さらにLog系以外はISO200とかが使えるというのもポイント。しかしISOの劣化は意外に少ないし….
 
 
話が前後しますが、ここで期待できそうなのが、先の動画から引用した S-Log Pro というセッティングです。

S-logの広いダイナミックレンジを残しながらサチュレーションを上げ気味にすることで、色補正時の極端な変更を抑えるということであれば、現状で最適な設定なんじゃないか?

軽く各プロファイルで撮影して遊んでみたのですが….よく分からず^^; 何度かテスト撮影して、色補正して見ながら様子を見ないとわかりませんね。

第一印象としては、やはり PP1の S-Log pro がいい感じ。色合いが素直なのはPP6かな? 

S-Log2は、時々とんでもないことになるじゃじゃ馬感がありますね。そしてLog系は例の色収差が目立ちやすい。赤っぽいのを微調整すれば、もっと良くなるのか? Color Depth: R あたりを替えてみるとか?

そして夜の感じも見ないと、なんとも決められません。

みなさんどんな設定で使っているのでしょうか? オススメ設定があれば是非教えて下さいませ。
 
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

Zライト Z-208 B と三菱電機 FL20S N-EDL NUで環境光 + HDMI接続 + カラーマネージメント

意外と雪が多かったみたいで、本日家の前が通行止めです。どうも電線関係の工事をしているみたい。しかし特

記事を読む

ムービーをフィルムで撮ったように変換してくれる Filmconvert 導入編

最近The Symbolic Tokyoさんの動画をみせてもらったり、ピクチャースタイルを探索したり

記事を読む

α6300のオートフォーカスをテストしてみる(桜)

Wordpressを使っているのですが、バージョン4.5にアップデートしたところ画像のアップがうまく

記事を読む

デモ版の Neat Video でノイズの減り具合を見てみる

Denoiser II チュートリアルムービーを見ていて発見したのですが、プレビュー画面でチャンネル

記事を読む

GH4のV-LogとNatural-Logを試す – 10bit:8bit, ISO200-6400, Sharpness

果たして10bit4:2:2の外部収録に意味はあるのか? 言うまでもなく意味はあるんでしょうが、自分

記事を読む

Comment


  1. スヌーピー より:

    プロファイルはPP6が多い、もしくはrec709のやつ
    人肌がキレイに見えるヤツと考えると限定されてきます
    ノイズチェックはレンズキャップでフタをして真っ暗に
    iso1600固定でEVF覗きながらPPを変えていくと
    イヤというほどLOG時のノイズが見えます

    DJI、結局出たのはRONIN MX
    オリジナル浪人の進化版
    ただしお値段は浪人Mとほぼ同じ
    バッテリー2個積みで既存の位置のはカメラ用に回すしくみ

    シングルハンドは当分Alexmosと付き合うしかないのかぁ
    CAME SINGLEの2世代目が小ぶりで良さげ
    http://www.came-tv.com/cameoptimus-3-axis-gimbal-camera-32bit-boards-with-encoders-p-815.html
    色んなBGあったけど、ようやく人間工学的なグリップになりましたw

  2. admin より:

    PP6ってことはCine2ですかね?
    人肌ですか〜なるほど、ちょっと実験してみます。
    キャップして見るとLogは酷いですね〜とくにS-Log3系は…色々試したのですが、上の「The C100 Emulator」をベースにするのがワタシ好みな感じがしています。

    DJIきませんか〜残念。まあ来ても重そうだからなぁ〜DJI。お相撲さんあるので、そっちを売りたいのかもしれませんね。

    私はドローンが欲しくてヤバイですが、高いし画質があれなので思いとどまっております。ファントムにもっと良い画質のカメラが載ったら買っちゃいますね(笑)INSPIRE 1 PROは高すぎで落ちた時のことを考えると飛ばせません(笑)

  3. スヌーピー より:

    ちなみにCine.4だけISO200スタートですね

    ファントム4の画質って遠景、昼間限定なら
    結構良いと思いますけどね
    低空飛行で人物でも追いたいのですか?
    とりあえずGPS無しの激安機で練習したら

    SONY FS5が4k60pのRAW収録対応へ、スゲー !
    専用ユニットでは無くSDIケーブルだけでOKみたい
    電子可変NDの制御もオートへ

    NABショーは明日から

  4. admin より:

    何かISO100スタートがあったような…The C100 Emulatorってのが100に設定できそうですね。
    今のところコレかPP8の「ガンマ」をCine4へ変更したものがいいかな? と思っています。
    時間がなくてテスト撮影できなかったので決定していませんけど。

    FS5 $600ですよね?Odyssey 7Qまでとなると….しかし 4K 60fps RAW and 1080/240fps RAWはいいですね〜PCが耐えられれば(笑)レポートが楽しみデスね〜(誰と無くw)

    ドローンはヤバイから、まだ触らないようにしています。
    画質いいですか? どうも、アノ手のやつは、余り好きになれないのですが、というより、上手くグレーディングする能力が無いというw

    お相撲さんもMFTカメラを載せてきましたね。なんか縦揺れ防止ってのが気になります。

    • ともぞ より:

      外部収録機がニンジャスターみたいな記録に特化したやつならグラっときますが、外部出力するとEVFが消えるので・・・モニター付の収録機だと面倒でやってらんないです。
      最近は原点回帰のrig無しで持ち出してました。
      グラブアンドシュート!

    • admin より:

      GH4がいつでも両方絵が出ていたので、私も最初は「あれれ?」って思いました。収録を考えると情報が出ないのもわかるのですが、やはりちょっと使いにくいですね。でも慣れますけど(笑)
      ホワイトバランスがモニターで出来ないのが面倒で面倒で(T_T)

      α6300も肥大化しそうで怖いです(笑)

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

無料の絵コンテ作成ソフトStoryboarderをインストールしてみた

ストーリーボードを簡単に作成できるフリーソフト「Storyboarde

Davinci Resolve vs Neat Video ノイズ対決

リクエストにお答えして(笑)ちょっと実験してみました。 Blac

激安 SODIAL(R) 3-in-1デジタル18%のグレー/白い/黒いカードセット

ホワイトバランス続きですが、注文したまま忘れていた「SODIAL(R)

2017版ワイヤレスフォローフォーカスの検討

一番の目的はRONIN-M使用時のフォローフォーカス制御。そしてスライ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑