*

GH4の V-Log, natural-Log, Cinelike D をFilmconvert,impulz,osirisで遊ぶ

公開日: : 最終更新日:2015/12/06 DSLR

最初にお断りしておきますが、今回の記事は単なる雑談です。中身はほとんどありませんし結論も特にありません。単なる私の試行錯誤なのでご了承くださいませ。「はいそこ! いつもだろ! とか言わない!」 

機材も一通り揃ってくると、そろそろ使いこなしの話なども書かないとネタが無い。とはいえ実際は、撮影するたびに「あれが必要?」とか思いついたり、なるほどだから皆さんアレ買うのねって、納得してみたり。

もうすぐ新年を迎えるので、ブログの内容も「使いこなし」に重心を移していかなければ続かないのかな? しかし良くわかってない人が、使いこなしって言ってもねぇ。薄っぺらい感想文になってしまいそうです。はたして意味があるのでしょうか? といっても、ハナから自己満足で書き続けているブログ。見たい人がいればいいし、見たくないひとは見に来ないだろうから、深く考えないようにしましょう(笑)

というわけで純正 V-Log L に純正LUTを適用したパターン。1-300さん提供の Natural-Logと Cinelike Dのテスト。とはいえ下記サイトを一通り読ませてもらえば結果はわかっています。よって、今回はテストといっても「お試し」でしかありません。と最初にお断りしておかないとね^^; 要は

「こんな感じになるのね〜」

という確認と自分なりに色々イメージを掴みたいために作業してみただけのメモです。とはいえ私なりのポイントとしては「撮影中のモニターの表示(色合い)」とか「ピーキング」なども気になるので、そのへんも交えて何を使っていくべきなのか? 最初の第一歩編です。

GH4設定の詳細は以下のサイトを参考にさせていただきました。コメント欄も熟読させていただきました。凄く勉強になるサイトです。
http://freesoft.tvbok.com/degi-camera/lumix_gh/gh4_lowlight_test2.html
http://www.gaipromotion.co.jp/news/gainews140508.html
http://www.camerakun.info/tec_index.html

V-Logは標準のまま撮影で純正LUTを使用。Natural-Logは C-LogのLUTをあてればいいのかな? ということはそれを手に入れる必要があると…というか C-Log って Canon Logのこと? 

スクリーンショット 2015-11-25 23.11.17

だとすれば標準で Final Cut Pro Xにも入ってるんだけど…それでいいのかな? と検索すること数分…

http://cweb.canon.jp/cgi-bin/download/select-product-by-catg.cgi?i_cd_pr_catg=139

辿って行ってなんとかLUTを手に入れました。ところが解凍してみると CSVファイル。cubeファイルじゃない(T_T) そこで検索すること数分…

http://white-screen.jp/?p=17189
スクリーンショット 2015-11-30 0.35.11

発見しましたが、どうも C100用ではなくC300用? 色々探してたどり着いたのが

http://blog.abelcine.com/2013/12/04/canon-luts-for-the-c100-c300-and-c500/

スクリーンショット 2015-11-30 0.44.36

3D Cube (generic)とページの下の方に書いてあったので、たぶん「cube3d_16」フォルダの中のやつを使えば良さそう。

スクリーンショット 2015-11-30 0.46.13

といったことで、一応設定値を確認。

フォトスタイル: ナチュラル
コントラスト: -5
シャープネス: -5
ノイズリダクション: -5~0
彩度: -5
色相: 0
ハイライトシャドウ:HIGHLIGHT -1 SHADOW +2
マスターペデスタル:+15
輝度レベル設定:16-255

Cinelike D の設定値は次の通り。基本は Filmconvertの Cinelike D Low Contrast ってのがあるので、それを基本にして。

スクリーンショット 2015-11-25 23.19.19

フォトスタイル:シネライク D
コントラスト: -5
シャープネス: -3
ノイズリダクション: -5~0
彩度: 0
色相: 0
ハイライトシャドウ:HIGHLIGHT -5 SHADOW +5
マスターペデスタル:+5
輝度レベル設定:0-255

一見すると V-logはともかく、Natural-logがすっきりしていて綺麗に見えます。シネライクDは空の色とか、なんか不自然に見えるんだけど、これは他が薄い色なんで、目がそっちに慣れてしまうからでしょうかね?

vlog
V-Log

cined
cinelike D

nst
natural-Log

ここまでの感じでは、シネライクDと Natural-logがプレビューも見やすく、V-Logは流石になれないと厳しい感じでした。で、まずはV-Logに純正のLUT(VLogL_to_V709_forGH4_ver100_JP)を適用してみます。

スクリーンショット 2015-12-01 21.43.11

驚いたのはこれが Natural-Logにかなり近い色合いになったこと。恐るべし Natural-Log様! そこで Natural-Log様に CxxxLog10toRec709_Full.cube をアテてみると…真っ白^^;

スクリーンショット 2015-12-01 21.49.55

むぅ…もっと暗めに撮らないとダメなのか? 試しに絞りを変えて試し撮りして確認してみました。下の画像はCxxxLog10toRec709_Full.cube適用済みです。

22

24

4

T2.2で普通の明るさ。T2.4と T4 で試すと、どうやら T4ぐらいが適正露出になるみたい。 T2からT4で2段なので、1段半ぐらい暗めにするのが Canon-Log のLUTを使う場合は適正みたいですね。

スクリーンショット 2015-12-01 22.04.52

スクリーンショット 2015-12-01 22.05.01

スクリーンショット 2015-12-01 22.05.09

なんてことやって遊んでいる間に、気になっていた ImpluZの割引きセール(2015年11月30日夜間)を発見! 反射的に「Hollywood LUT Bundle $90.30」でポチってしまいました。

スクリーンショット 2015-12-01 2.09.22

そこでこいつも使ってあげないと、というわけでインストールしてみたのですが…OSIRISが超絶不安定で FinalCut ProXが落ちまくります。無料の FCPX LUT Loaderが原因なのか? OSIRISのメーカーが出しているらしい LUT Utility($29)を使えば安定するのかな? とか思ったけど Mac再起動してみたら安定したみたいな雰囲気(要検証)

スクリーンショット 2015-12-01 2.44.39

ついでにGH4による 4K収録素材とFHD素材を Final Cut Pro X の FHDタイムラインに並べただけで画質の比較もやってみました。というのも 4K撮影して、どうやって FHDにすれば綺麗なのか? イマイチ良くわからなかったので^^;

結局V-Logは10bitの外出しじゃないと、あまり意味は無いらしい。内部収録の 8bitだとCinelike Dのがいいとか。とにかく専門的なことは良くわかりませんが、

4KダウンコンバートのGH4とBlackmagic Video Assistと組み合わせて「10bit収録のFHDカメラ
http://www.camerakun.info/nikki/blog.cgi/permalink/20141014222507

なんて最後に書かれていると、とってもヤバイことになりそうです。特に外部モニタを物色中の身には^^; Video AssistにLUTを適用できる機能が、ファームアップで搭載されちゃったら決まりですけど…。 しかしバックアップとか考えると^^; 何しろ折角出てくる HDMIの10bit422。これを活かして FHD収録ってのが GH4のメリットかも知れない。ファームアップで HDMIはV-log出すけど本体プレビューはこっちのフォトスタイルとか設定出来るようになれば、少しはいいんだけどなぁ。

ATOMOS NINJA ASSASSIN 買えば良いんだろうけど…Bladeとかも値下げ対抗してきたし…悩みどころ。危険だなぁ〜黒魔術の在庫がないのが救いか(笑)


Sponsored Link


 
 

関連記事

Blackmagic Video Assist 2.1アップデートは 4K専用?

6月には出ていたアップデーターですが、記にしながら放置していました。というのも、4K云々という文字が

記事を読む

無料のLUTS「LUTIFY.ME」をちょっとだけ試してみる

3月23日にGH5が発売されるようです。24万円ですが、内容を見ると順調に進化しているようで、パナソ

記事を読む

BlackMagic Design Video Assistで収録してみた

もう少し色々書こうかと思ったのですが、やる気が出ないので公開しちゃいます。いつ出せるかわからないから

記事を読む

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討(動画編)

前回の「SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討」に引き続きDavinciResolv

記事を読む

Blackmagic video assist 用フードを自分で作ってみた

ファームアップで生まれ変わった Blackmagic video assistさん。 液晶の品

記事を読む

Comment


  1. スヌーピー より:

    おはよう御座います、SONYですがLutの話はコレが分かりやすいかも
    https://youtu.be/kL5GeBYL1QM

  2. admin より:

    おはよーございます。

    動画見ました〜なるほど〜と思うところが数か所ありました。カラーコレクションハンドブックを読んでいるので、ある程度基本的なことは理解しているつもりでしたが、やはり動画のほうが分かりやすくていいですね。一生懸命本を読んでも、やはり現場の経験が足りないので、いつも教えてもっている話は、ん〜 と「なるほど〜」で助かっています。本当にありがとうございます。

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討(最終)

欲しかった Kontakt 5 - Native Instrument

可変NDフィルターの色かぶりを調整する【追試あり】

しかしセキが止まりませんな。既に二ヶ月近くゴホゴホ。鼻水ずるずる。熱は

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討(動画編)

前回の「SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討」に引き

SONY α6300 ピクチャープロファイルの比較検討

最近はa6300を使う機会が増えています。そうなると6500が気になり

【妄想】片手持ちハンドヘルド 3軸ジンバルスタビライザーの比較

未だに風邪が抜けません。もう一ヶ月以上...どうやら今年の風邪は長引く

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑