*

Glitch – 無料のVST プラグインを試す

公開日: : 最終更新日:2013/06/19 DTM ,

気になっていたエフェクターを入れてみたので記録しておく。

インストールしたのは無料のVSTプラグイン Glitch さん。All plug-ins are 32-bit VST for Windows only.って書いてありました。新しいバージョン2は有料になったようで、古いのは無料で置いとくけど自己責任ねってことらしいです。

99999

しばらく無料版で遊んでみて、使いこなせそうなら有料版を買おうかと思ってます。有料新バージョンはMacも対応しているみたいだし。6,000円くらいだし。

http://illformed.com/glitch/

どんなことができるのかは、下の動画や上記ホームページのデモで確認できます。

この動画で使いかたの概要はつかめるので、今回はインストールを順番にメモっていきます。

インストール手順

ダウンロードは次のURL。画面下の方に無料バージョンがおいてあります。画像の赤い文字の部分。

http://illformed.org/plugins/

000000_20130529005119

ダウンロードして解凍すると次のようなファイルが出てきます。

1111111

一応すべてをGlitchというフォルダに入れてVSTフォルダに移動します。今回はFLで実験。ちなみにFL1 StudioだったりCubase だったり MASXHINE だったりと色々なVSTフォルダができるけど、共有用としてC:\Program Files(86)\VSTPlugins という場所を用意してそこに入れるようにしています。

3333333_20130529005605

シンセを足してミキサーを開きます。Glitchはマスターに指すのが普通。なのでミキサーのマスターを選択してエフェクトから追加します。

44444

はじめ他の場合はメニューに出てこないはずなのでMoreで読み込みしなければなりません。普通のシンセのように「CHANNELS」メニューから「Add one」だと、ミキサー側で出ないのはFLの常識?とりあえずミキサー側で読みこめば出るようになりました。

777777_20130529005846

Moreを選択し出てきた画面下のRefreshからFast scan を選択。下図のように赤い字で出てきます。

2222222

とりあえず「dblue_Glitch_v1_3」をチェックすればOKみたいでした。

88888_20130529010113

もう一度開くと「dblue_Glitch_v1_3」が出てきています。それを選択。

99999

この画面がでれば成功です。シンセに適当な打ち込みをして音を出しながら色々動かしてみましょう。

英語だけどマニュアルPDFも付いているので、時間と根性があれば訳して(ってほど英語わかんないけど)みようかと思っているだけでいつになるやら。
 


Sponsored Link


 
 

関連記事

記事はありませんでした

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

【開封】SmallRig Drop-In Baseplate (Manfrotto 501PL QR Plate Compatible) 2006

引き続き SmallRig Universal Shoulder Pa

【開封】SmallRig Universal Shoulder Pad 2057

最初にお断りしておきますが、いわゆる「単なる開封」記事です。予めご了承

【雑談】URSA mini の設定確認とか安物時計を貰った話

寒くなってきましたがスッキリ晴れ渡る日曜日。久しぶりに予定もなくノビノ

URSA mini & Filmconvert アップデート祭り

いつものように雑談更新。今更お断りすることも無いとは思いますが、今回も

SONY α6300 24p 30p 60p 120pで画質比較

世間では黒金とか言うケシカラン状況になっています。 浮かれポンチ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑