*

ペンション・民宿・プチホテル用 宿泊予約 WordPress プラグインを作る(10)空室管理画面 A

公開日: : WordPress ,

さっそく空室管理画面を作っていきます。今回は画面設計中心です。部屋タイプの選択と、空き情報を更新する月を指定する部分あたりです。長くなりそうなので2回か3回に分ける予定です。

wp-contents/plugins/drtehotel/drtehotel.php

function show_text_option_page() {
	//空室管理画面に表示する内容
	include_once "class/rooms.php";
	$rm = new ROOM();

「空室管理」メニューをクリックした歳に実行される部分を修正します。あたらしい ROOM クラスを用意ししようするように書換えました。

ROOMクラス用の新しいクラスファイルを用意します。
wp-contents/plugins/drtehotel/class/rooms.php

<?php
class ROOM {
  public $comments = "";
  public $name = "";
  function show_screen() {
	echo '<div class="wrap">';
	echo '<div id="icon-options-general" class="icon32">
              <br /></div><h2>空室管理</h2>';
	echo '<form action="" method="post">';

まずは画面出力を組み立てていきます。プロパティなどは後ほど追加していきます。

スクリーンショット 2013-06-25 22.57.45

まずは部屋タイプを初期設定から取得しセレクトボックスへセットする関数を組み立てます。関数名は部屋タイプが「set_rtypr()」で日付が「set_rdate()」とします。日付は今月と来月と再来月の3ヶ月分です。

wp-contents/plugins/drtehotel/class/rooms.php

echo "部屋タイプ:";
echo '<select name="rtypt">';
echo $this->set_rtype();
echo '</select>';
echo " 日付:";
echo '<select name="rdate">';
echo $this->set_rdate();
echo '</select>';

function set_rtype() {
	$op_data = get_option( 'DrTE_option' );
	$rooms = $op_data['DrTE_rooms'];
	$type[0] = $op_data['DrTE_type1'];
	$type[1] = $op_data['DrTE_type2'];
	$type[2] = $op_data['DrTE_type3'];
	$tmp = "";
	for ($i=0; $i<$rooms; $i++) {
		if ($this->rtype==$type[$i])
			$tmp .= '<option value="' . $type[$i] . '"
                        selected="selected">' . $type[$i] . '</option>';
		else
			$tmp .= '<option value="' . $type[$i] . '">'
                        . $type[$i] . '</option>';
	}
	return $tmp;
}

function set_rdate() {
	$month0 = date("Y年m月");
	$month1 = date("Y年m月", strtotime(date("Y-m-1")."+1 month"));
	$month2 = date("Y年m月", strtotime(date("Y-m-1")."+2 month"));
	$tmp = "";
	if ($this->rdate==$month0)
		$tmp .= '<option value="' . $month0 .
                '" selected="selected">' . $month0 . '</option>';
	else
		$tmp .= '<option value="' . $month0 . '">'
                . $month0 . '</option>';
省略

get_option で option テーブルから設定を読み込んで配列を分解します。初期瀬底画面では3種類の部屋タイプまでしか対応していない設計ですが、今後も考えて for でループさせてみました。

$this->rtype で設定されているSELECT値を調べて選択するOPTION値を指定します。

wp-contents/plugins/drtehotel/drtehotel.php

if ($_POST['action']=='change') {
	$rm->rtype = $_POST['rtype'];
	$rm->rdate = $_POST['rdate'];

drtehotel.php の function show_text_option_page() 内に上記の内容を加えます。選択されているセレクトボックスの値を取得してROOMクラスのプロパティにセットしています。

スクリーンショット 2013-06-26 0.05.13

続く


Sponsored Link


 
 

関連記事

ペンション・民宿・プチホテル用 宿泊予約 WordPress プラグインを作る(1)

初心者が、あらためて WordPress のプラグインを一から作る経過報告。たぶん連載記事ですね。途

記事を読む

WordPressのプラグインで独自のページを作る方法がわからない

Wordpressのプラグインを開発していて疑問がでてきました。プラグイン独自のページはどうすればい

記事を読む

ペンション・民宿・プチホテル用 宿泊予約 WordPress プラグインを作る(3)

前回のソースがイマイチだったので若干書き直しました。しかし、これで正しいのかも疑問なんですが、取り敢

記事を読む

ペンション・民宿・プチホテル用 宿泊予約 WordPress プラグインを作る(6)初期設定画面

ここまでで、ひと通りの仕組みというか流れは理解できたような気がします。まずは初期設定画面から制作して

記事を読む

WordPressのプラグイン開発を効率的にするフレームワークたち

Wordpressでプラグインを作っていて「フレームワーク使えないのかな?」と疑問を持ちました。そこ

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

気になる情報・新製品発見メモ

日頃ネットをウロウロしていて記事にするほどでもない情報、記事にするほど

【開封】SmallRig Drop-In Baseplate (Manfrotto 501PL QR Plate Compatible) 2006

引き続き SmallRig Universal Shoulder Pa

【開封】SmallRig Universal Shoulder Pad 2057

最初にお断りしておきますが、いわゆる「単なる開封」記事です。予めご了承

【雑談】URSA mini の設定確認とか安物時計を貰った話

寒くなってきましたがスッキリ晴れ渡る日曜日。久しぶりに予定もなくノビノ

URSA mini & Filmconvert アップデート祭り

いつものように雑談更新。今更お断りすることも無いとは思いますが、今回も

SONY α6300 24p 30p 60p 120pで画質比較

世間では黒金とか言うケシカラン状況になっています。 浮かれポンチ

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑