*

ペンション・民宿・プチホテル用 宿泊予約 WordPress プラグインを作る(10)空室管理画面 A

公開日: : WordPress ,

さっそく空室管理画面を作っていきます。今回は画面設計中心です。部屋タイプの選択と、空き情報を更新する月を指定する部分あたりです。長くなりそうなので2回か3回に分ける予定です。

wp-contents/plugins/drtehotel/drtehotel.php

function show_text_option_page() {
	//空室管理画面に表示する内容
	include_once "class/rooms.php";
	$rm = new ROOM();

「空室管理」メニューをクリックした歳に実行される部分を修正します。あたらしい ROOM クラスを用意ししようするように書換えました。

ROOMクラス用の新しいクラスファイルを用意します。
wp-contents/plugins/drtehotel/class/rooms.php

<?php
class ROOM {
  public $comments = "";
  public $name = "";
  function show_screen() {
	echo '<div class="wrap">';
	echo '<div id="icon-options-general" class="icon32">
              <br /></div><h2>空室管理</h2>';
	echo '<form action="" method="post">';

まずは画面出力を組み立てていきます。プロパティなどは後ほど追加していきます。

スクリーンショット 2013-06-25 22.57.45

まずは部屋タイプを初期設定から取得しセレクトボックスへセットする関数を組み立てます。関数名は部屋タイプが「set_rtypr()」で日付が「set_rdate()」とします。日付は今月と来月と再来月の3ヶ月分です。

wp-contents/plugins/drtehotel/class/rooms.php

echo "部屋タイプ:";
echo '<select name="rtypt">';
echo $this->set_rtype();
echo '</select>';
echo " 日付:";
echo '<select name="rdate">';
echo $this->set_rdate();
echo '</select>';

function set_rtype() {
	$op_data = get_option( 'DrTE_option' );
	$rooms = $op_data['DrTE_rooms'];
	$type[0] = $op_data['DrTE_type1'];
	$type[1] = $op_data['DrTE_type2'];
	$type[2] = $op_data['DrTE_type3'];
	$tmp = "";
	for ($i=0; $i<$rooms; $i++) {
		if ($this->rtype==$type[$i])
			$tmp .= '<option value="' . $type[$i] . '"
                        selected="selected">' . $type[$i] . '</option>';
		else
			$tmp .= '<option value="' . $type[$i] . '">'
                        . $type[$i] . '</option>';
	}
	return $tmp;
}

function set_rdate() {
	$month0 = date("Y年m月");
	$month1 = date("Y年m月", strtotime(date("Y-m-1")."+1 month"));
	$month2 = date("Y年m月", strtotime(date("Y-m-1")."+2 month"));
	$tmp = "";
	if ($this->rdate==$month0)
		$tmp .= '<option value="' . $month0 .
                '" selected="selected">' . $month0 . '</option>';
	else
		$tmp .= '<option value="' . $month0 . '">'
                . $month0 . '</option>';
省略

get_option で option テーブルから設定を読み込んで配列を分解します。初期瀬底画面では3種類の部屋タイプまでしか対応していない設計ですが、今後も考えて for でループさせてみました。

$this->rtype で設定されているSELECT値を調べて選択するOPTION値を指定します。

wp-contents/plugins/drtehotel/drtehotel.php

if ($_POST['action']=='change') {
	$rm->rtype = $_POST['rtype'];
	$rm->rdate = $_POST['rdate'];

drtehotel.php の function show_text_option_page() 内に上記の内容を加えます。選択されているセレクトボックスの値を取得してROOMクラスのプロパティにセットしています。

スクリーンショット 2013-06-26 0.05.13

続く


Sponsored Link


 
 

関連記事

ワードプレス用宿泊予約プラグイン開発「空室情報読み込み」

前回までに作ったカレンダーに空室状況を表示させます。最初に表示欄を作って確認してからデータベースの読

記事を読む

ペンション・民宿・プチホテル用 宿泊予約 WordPress プラグインを作る(11)空室管理画面 B

空室管理画面の2回目。今回は空室状況の入力欄と月が変わった時の処理を加えてみます。今回は一覧表示なの

記事を読む

WordPressのプラグイン開発を効率的にするフレームワークたち

Wordpressでプラグインを作っていて「フレームワーク使えないのかな?」と疑問を持ちました。そこ

記事を読む

ペンション・民宿・プチホテル用 宿泊予約 WordPress プラグインを作る(5)メニュー階層化

今回はオリジナルプラグインの管理画面でのメニュー作成について。かなりすんなりと出来てしまったので短め

記事を読む

ペンション・民宿・プチホテル用 宿泊予約 WordPress プラグインを作る(3)

前回のソースがイマイチだったので若干書き直しました。しかし、これで正しいのかも疑問なんですが、取り敢

記事を読む

ご質問は掲示板へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

Sponsored Link

小さめな激安楕円レフ板を買ってみた

最近小物の撮影を頼まれることが多くて困ります。写真はほぼ素人なのに。

【Blender】MakeHumanとManuelBastioniLAB

先日書いた 【18禁】Blenderと MakeHumanで美女を3D

DaVinci Resolve 14 のフェイス修正を少し試してみた

Davinci Resolve がベータを外したバージョン14を公開し

動画編集用PCのDavinci Resolve14テスト他

今回組み上がった動画編集用自作PCのその後をいくつか書きます。

【18禁】Blenderと MakeHumanで美女を3D

そろそろ作って遊ぶ3Dアニメのストーリーが固まってきたのでモデリング作

→もっと見る




  •  

PAGE TOP ↑